この記事の所要時間: 23

宮崎市のシンボル、フェニックスは南国情緒あふれる宮崎にふさわしい、
海がよく似合う高木です。

 

宮崎にそんなフェニックスを冠した施設や企画がたくさんあります。
そのひとつが「宮崎市フェニックス自然動物園」です。

スポンサードリンク

入場料はいくら?

 

宮崎市フェニックスは昭和46年に開業した歴史ある動物園で、約100種の動物が飼育、展示されています。

フェニックス自然動物園という名前でありながら、遊園地ゾーンもあるのが特徴です。
15種類のアトラクションがあり、ひとつ100~350円程度で遊べます。

 

乗り放題、ワンデーパスは?

 

たくさん乗りたい方は乗り放題券の利用がお勧めです。

 

おとぎ列車、スカイタワー、スカイバルーン、スーパーダンボ、ハニーハッチ、
パラグライダー、マッドマウス、メリーゴーランド、モノレールの9種が乗り放題になります。

こちらは平日2歳以上一人1,000円です。

 

日曜日と祝日は9種乗り放題ではなく、全15種乗り放題となります。

こちらは2歳以上1,600円です。

夏休み期間中は毎日実施していますので、9種乗り放題券はありません。

 

また宮崎市フェニックス自然動物園といえば、「流れるプール」です。

全長約200mに及ぶプールは、創業以来42年もの間人々を楽しませてきました。

そして2014年にリニューアルされました。

 

すべての設備が新しくなったほか、新たにウォータースライダーが3つも登場しました。

子ども用のプールや子ども用の滑り台もあるので、家族そろって楽しむこともできます。

これだけの設備が整っているのに、プールの料金は無料というのもうれしいですね!

ただし動物園の入場料は必要となります。

 

プール開きの期間は?

 

夏休み期間中は毎日オープンしており8月31日(日)まで、10時~16時30分の間利用することができます。

入園料金は高校生以上830円、中学生420円、小学生310円、未就学児無料です。

この料金でプールまで楽しんでしまえます。

 

1年に3回以上行くという方は年間パスポートを買いましょう。

高校生以上2,060円、小中学生1,030円です。

乗用車の駐車料金は1日400円となっています。

 

夏休み期間中は休園日はありませんが、普段は毎週水曜日が休みです。

また9時~17時が開園時間、入場は16時30分までとなります。

スポンサードリンク