この記事の所要時間: 150

鍾乳洞と聞くと、遠くの山にまで出かけないといけないというイメージがあるかもしれません。

しかし案外気軽に行けるところもあるのです。  

北九州市小倉南区平尾台にある「千仏(せんぶつ)鍾乳洞」もそのひとつです。

スポンサードリンク

北九州市といっても、平尾台は歩いていけるところではありませんが、 それでも比較的アクセスしやすいです。 車では小倉南ICから約20分となります。

駐車場も無料のものが100台分あるので、とても便利ですよ。  

 

JRを利用しても行くことができます。

小倉駅からだと、日田彦山線に乗って石原町駅でおります。

30分くらいで到着するでしょう。

 

石原町駅からはタクシーで約20分です。  

水曜日および土日祝日、3人以上の利用で便利な「おでかけ交通」が利用できるので、 気になる方は問い合わせてみてください。

問い合わせ先は平尾台観光タクシー(093-451-0201)です。  

 

千仏鍾乳洞は国の天然記念物にも指定されており、約200もの洞窟を持っています。

入口から1200mまで入ることが可能です。

900mほどまでは照明などもあるので、子どもからお年寄りまで楽しむことができます。  

 

ただし480mからの「奥の細道」では水の中を進むことになるので注意しましょう。

草履を無料で貸してもらえますが、あらかじめ歩きやすくて、岩場でも露出が少なく ケガのしにくいマリンサンダルなどを準備しておくといいですね!

900mの往復にかかる時間は約40分です。

 

入口のほか「巨乳」「獅子口」「初音乳」という観光洞もあります。  

千仏鍾乳洞の年間平均気温は約16℃で、1年を通してほとんど変わりません。

水温も14℃ほどで、夏はひんやりと涼しく、真冬は暖かささえ感じるほどです。

 

服装については、は織物などを用意しておいたほうがいかもしれません。

安全性の高い鍾乳洞ではありますが、岩肌に直接触れたりする機会も多いです。

またずっと水に浸かっているので、人によっては冷えを感じるでしょう。  

いずれにせよ、いつ行っても快適な気温、水温で楽しめる場所です。

 

特に暑い夏にはぴったりの観光スポットではないでしょうか。

スポンサードリンク