この記事の所要時間: 216

吸い込まれそうな漆黒の闇に美しく輝く満天の星空。

そんな空間を天候に左右されず、ゆったりとみられるのがプラネタリウムです。

プラネタリウムの魅力にはは子どもはもちろんのこと、 大人になっても惹きつけられるものです。

スポンサードリンク

宮崎科学技術館特徴

宮崎駅の東側にある「宮崎科学技術館」もプラネタリウムが楽しめる施設のひとつです。

科学技術館とあるように、ここではプラネタリウム以外にもたくさんの科学技術に触れることができます。

 

 

真空落下実験装置、大気圧実験装置などもあり、科学を身近に感じながら学ぶことができるのがいいですね。  

こういった体験を通じた学習は身にもなりますし、教科書だけで学ぶのとは比べものになりません。

体験をすることで科学に興味を持つこともあるので、これまで科学に対して苦手意識のある人も またそういったお子さんをお持ちの方もぜひ一度行ってみてください。

今までと違った科学のイメージを持てることでしょう。  

 

特に夏休み期間中は特別イベントも多いのでおすすめです。

夏休みの宿題や自由研究も一度に終わったりして、一石二鳥かもしれません。

 

体験系以外でも、宇宙に関連する展示などもあるのでゆっくり見て回ることもできます。  

 

営業時間と休館日について

宮崎科学技術館の休館日は毎週月曜日と祝日の翌日です。

ただし月曜日が祝日の場合、祝日の翌日が土日祝日の場合は休みではありません。

年末年始は連続して休館となるので気をつけましょう。

 

遠方から行かれる方はあらかじめ確認しておくことをおすすめします。  

開館時間は9時~16時30分まで、ただし閉館の30分前入館が締め切られますので 時間には余裕を持っていきましょう。

 

入場料とプラネタリウムの料金

展示室への入館料金は高校生以上540円、4歳~中学生210円となります。

展示室とプラネタリウムのセットでの料金は高校生以上が750円、4歳~中学生が310円です。

20人以上で団体料金が適用されます。  

 

アクセスは?駐車場は?

JR宮崎駅から徒歩2分とアクセス抜群なのも魅力的ですね。

これだけ近いと駅から迷うことはないでしょう。

どうしても不安なときはスマホの地図アプリを使えば大丈夫です。

 

車では宮崎ICから20分ほどになります。   

 

駐車場は40台しか停めるスペースがないので、タイミングによっては満車で入れないことがあります。

そういう場合は、お隣の宮崎市総合体育館駐車場を利用しましょう。

 

駐車料金は館内駐車場は無料。

宮崎市総合体育館駐車場の駐車場は1日500円です。

スポンサードリンク