この記事の所要時間: 157

切り立った断崖の勇壮なたたずまいと、美しい水、森が特徴の
高千穂峡は宮崎県西臼杵郡高千穂町三田井塩井に位置します。
断崖はおよそ7kmにもおよび、途中には滝が落ちます。

スポンサードリンク

この「真名井の滝」は日本の滝百選にも選ばれたもので、落差は17m。
滝にはボートに乗って近づくことも可能です。
ボートに乗れば滝だけでなく、切り立った崖の間を進むこともできます。

 

ボートは手こぎ式で定員3人です。
ただし0歳~6歳までは2人で1人に数えられるので、小さなお子さんのいる場合は
家族でボートを楽しむことができます。

 

ただし手こぎボートはちょっとコツが必要で、初めは難しいかもしれません。
デートなどでボートに乗ろうと考えている方は、どこかで練習してから
高千穂峡に臨むことをおすすめします。

 

ボートの利用料金は1隻30分につき2,000円で、10分の延長毎に300円かかります。
普段は8時30分~16時30分までの受付時間となっていますが、夏休み期間中は
7時30分~17時30分と営業時間が長めです。

 

平日などは問題ないのですが、連休や夏休み、秋の週末などは混雑が避けられません。
時には数時間の待ち時間が発生することも。
混雑時には受付で整理券が配布され、ボートに乗ることができる時間が指示されます。
よって待っている間の時間つぶしも考えておきましょう。

 

周辺の散策や観光スポットも事前にチェックしておくといいですね。
はじめから混雑が予想される場合は、朝一番に行って受け付けをしておくといいかもしれません。
ちなみに高千穂峡のボートに予約システムはなく、現地での受け付けのみです。

 

ただ待ち時間についての案内はしてくれることがあるので、混雑が気になる場合は
事前に高千穂町観光協会(0982-73-1213)に問い合わせるのもいいでしょう。

 

高千穂峡へのアクセスは九州道益城熊本空港ICを降りて、県道36号および28号を進みます。
高森町からは国道325号を経由すると高千穂町に着きます。
高千穂バイパスからは県道50号に入ってすぐです。

スポンサードリンク