この記事の所要時間: 220

招待された結婚式のドレスの衣装、悩みますよね~。

 

1着数万もするドレスですから、選ぶ時も慎重になるものです。

 

せっかく悩んで買ったのに、他の出席者とかぶっちゃった! 

 

なんて、悲惨ですし…。そしてそもそも、他の出席者の方って、どういう基準でドレスを選んで着て来ているんだろう…なんて、気になっちゃいますよね!

 

スポンサードリンク

 

私は基本的には、自分に似合う色やデザインのものを選んで買うようにしています

 

専門店に行けば、似合いそうなドレスを店員さんが見立ててくれますし、そこで販売されている時点で常識を外れたものではないはずですしね(笑)。

 

 

結婚式のお呼ばれドレスのマナーは?

 

ドレスを選ぶ基準としては、もちろん一番は自分に似合うものを選ぶこと、ですが、それ以外にも気を付けなければいけないことがあります。

 

と言っても、そんなに難しいものではありません! 【結婚式の主役が誰か】ということを考えれば、結婚式のマナーは誰でも簡単に守ることができます。

 

結婚式の主役、それはもちろん、結婚式を挙げるふたりですよね! 

 

更に言えば、特に【新婦】が結婚式の主役と言えるのではないでしょうか。

 

 …新婦、お嫁さん、花嫁さん。みなさん、どんな方をイメージしましたか? 

 

私は「白い」ドレスに、「花」をあしらった格好の方をイメージしました。

 

そうです、まずドレスのマナーとして重要なのは、「白い」ドレスは着ないこと。

 

そして、できるだけ「花」や「花びら」をモチーフにした、ひらひらしたアクセサリーは控えることが挙げられます。

 

黒いドレスはお祝いに水を差す?

 

では、色付きのドレスはどうでしょうか? 

 

一般的にドレスとして販売されているものの色は、ピンク、水色などのパステル系から、ワインレッドや紺色などの濃い色までさまざまありますよね。

 

自分に似合うものを~と選ぶあまり、うっかり新郎新婦の「お色直し」の色をかぶってしまった、なんていう経験はありませんか? できれば式の前に、お色直しのドレスの色を確認しておくのが良いでしょう。

 

また、冠婚葬祭で多用される「黒」色のドレスですが、ものによってはお葬式を想像させてしまう等、なかなか扱いが難しいですよね~。 

 

露出が多すぎず、刺しゅうやデザインがすこし凝ったものを選ぶと、お祝いの席の服装としてぐっと印象が良くなります。

 

また、黒色を着ることでかなりモダンな感じが演出でき、他の出席者と差をつけることができそうですよね!

 

スポンサードリンク