この記事の所要時間: 244

一生に一回しかない素敵な日に結婚式のスピーチを頼まれたら嬉しくなりますよね!!

 

でもそれと同時に上手く話せるのか、余計な事を言ってしまわないか、

話す時間はどれくらいにすればいいのか・・・など考えだしたらきりがありません。

 

でもどうせするなら皆に楽しんでもらうスピーチをしたい!と思いますよね。

 

そこで、そんな初めて結婚式でスピーチするあなたの為に、

当たり障りのない内容、話す時間の目安などをお教えします!!

スポンサードリンク

◆スピーチする時のマナー

 

まずは、礼です。

 

名前を呼ばれた際やマイクの前に立った時スピーチが終わった後などには一礼しましょう。

 

友人などが居たりして照れることもあると思いますが、

へらへらしてしまうと見苦しいので気をつけましょう。

 

次に言葉のマナーです。

 

結構気づかない内にやってしまいがちなのは重ね言葉忌み言葉です。

 

重ね言葉は「またまた」、「重ね重ね」、「しばしば」などがありますが

どれも再婚や悲しい出来事の再来を連想されるような言葉ですので

結婚式でのスピーチには嫌われます。

 

忌み言葉は「おしまい」、「冷える」、「欠ける」など離別や不吉なことを

連想される言葉なのでこちらも嫌われる言葉です。

 

どちらもここ最近気にしない傾向にあるものの、結婚式にはさまざまな年代の方が出席されます。

 

年配の方の中には『重ね言葉』や『忌み言葉』を嫌う方もいるので気を付けましょう。

 

◆スピーチの内容

 

ここが一番大切ですよね!

 

思い出話や2人の馴れ初めや笑い話など話したいことがたくさんあると思います。

 

しかしいくら親しくても親しき中にも礼儀ありという言葉があるように

結婚式のスピーチに向いていない内容を話さないようにしましょう。

 

例えば、暴露話や過去の恋愛。

 

くだけすぎた内容や自分の話ばかりにならないようにしましょう。

 

特に新郎新婦から許可をとっていても過去の恋愛話を結婚式でするべきではありません。

 

過去の恋愛話に関係しているゲストがいるかもしれませんのでせっかくの

結婚式に誰かを傷つける可能性のある内容は避けましょう。

 

◆話し方と時間

 

先ほども言った通り結婚式にはさまざまな年代の方が出席します。

 

そこでくだけすぎた話し方をしてしまうと、新郎新婦や友人はよくても

他の出席者に『場をわきまえない非常識な人』という印象をもたれ、

新郎新婦にも迷惑をかけてしまうことがあります。

 

どの世代の方にも安心して聞くことができる話し方を心がけましょう。

 

話す時間ですが、長すぎず短すぎずを心がけましょう!!

 

あまりだらだら話していても内容が入ってこなかったり、つまらなくなったり

あまりにも短すぎると寂しいので5分ほどが無難と言えます。

 

原稿用紙3~4枚(1200~1600字)が5分程度なので目安にしましょう。

 

これを参考にマナーに気をつけて気持ちのいいスピーチをしましょう。

 

けれども、まずは新郎新婦への祝福の気持ちを一番大切にして

お祝の言葉を伝えられたら素敵ですね!!

スポンサードリンク