この記事の所要時間: 213

 

朝晩が辛い時期、と言えば冬ですよね。

 

また、女性の中にはひどい冷え性に悩まされている方も少なくないはずです。

 

冷え性と冬がダブルでやってくると、本当に辛いですよね。

 

水仕事のあとの指先や、全然あったかくならない足先…

あったかい温泉に常に浸かっていたい気分になります(笑)。

スポンサードリンク

女性の中でも、特に赤ちゃんを妊娠しているお母さん、

妊婦さんがこのような状態だと本当に大変だと思います。

 

冷えのせいで腰まで痛くなってしまった!なんていう方も多いはず。

 

そんな時に、身体を外側から温めてくれるあったかグッズがあると、本当に助かりますよね。

 

 

冷たい布団に電気毛布

家の中で厳しい寒さに直面する場面として多いのは、

やはり夜、寝るときの「布団の冷たさ」ではないでしょうか。

 

時間が経つと自分の体温ですこしずつ暖かくはなるのですが…やはり、入った直後は寒い!

 

しかも足先が冷えてる状態だといつまで経っても暖かくならない!(笑)

 

そんな時にあって嬉しいのが「電気毛布」です。

 

寝る前にタイマーをセットしておくと、ちょうどいいタイミングで布団の中が暖まっていて、

そのまま気持ちよく眠ることができます。

 

寒さで寝付けずに寝不足になる、なんて、美容にも、

また、妊婦さんの場合は母体と赤ちゃんにも良いはずがありません。

 

 

電気毛布の影響

ところで、電気毛布って妊婦さんが使う分には問題がないのでしょうか?

 

よく聞く「電磁波」が母体やお腹の赤ちゃんに悪影響を及ぼす心配はないのでしょうか?

 

お母さんにとって、やはり心配ですよね。

 

ですがこの「電磁波」、調べてみても今一つ「なるほど! だから危険なのか!」と

納得できるような根拠が見受けられず、中には「眉唾」な理論もありました。

 

一般に市販されている電気毛布の取扱説明書に記載されている

「異常を感じたら使用をやめてください」という注意書きが拡大解釈されているのも原因なのかもしれませんね。

 

 

その点では、電気毛布に関しては「電磁波」よりもむしろ「低温やけど」に注意が必要です。

 

ついつい気持ちがいいからとタイマーを付けずに長時間電気毛布を使用すると、

例え低い温度であったとしても、長時間電気毛布が皮膚に触れることで、

その部分がやけどの症状を起こしてしまう場合があります。

 

妊婦さんに限らず、電化製品は「かもしれない」という危機意識をもって付き合っていく必要があるようですね~。

スポンサードリンク