この記事の所要時間: 335

夏などの暑い季節にしか熱中症にならないと思っている方もいると思います。

これは間違いで熱中症は7月や8月以外にも6月の梅雨の季節や夏が終わった9月などでも熱中症になることがあります。

 

これも勘違いをしている人が多いのですが、暑い季節に汗をかくような運動や労働をした人だけが熱中症になると思っている方が多いです。

熱中症は運動や労働などで汗を大量にかいた時になるだけではなく、
暑い部屋の中に水分や塩分などを摂取せず長時間いた場合でもなる可能性があります。

年齢により暑さなどを感じにくくなる高齢者の方や、
自分で水分を自由に摂取することができない幼児などがいる家では注意が必要です。

スポンサードリンク

もしなってしまった場合には、屋外などでなってしまった場合では涼しい屋内に移動させ、
氷や冷やしたペットボトルなどで体を冷やし、
失った水分を補給する為に塩分が入ったスポーツドリンクなどを飲ませるといいでしょう。

 

軽症の場合は場合はすぐに回復すると思いますが、
ひどい場合には応急処置をした後に救急車を呼ぶか、
すぐ近くに病院がある場合には急いで病院に連れて行くことが大切です。

 

熱中症になってしまっては命に関わる事もあるので、
なった場合の対処方法だけではなく予防する方法を知ることも大切です。

 

人間の体は熱くなった体を汗をかくことによって体の外に熱を出して体の冷ますのですが、
暑い時に激しい運動や肉体労働などで大量に汗をかくと体の中の水分や必要な塩分がなくなり体の不調を起こすのが熱中症です。

 

予防方法は運動などをする時にはしっかりと水分を摂取し、肉体労働などで働いているかたも水分を摂取することが大切です。

この時の注意ですが、汗をかく時には体内の水分以外にも塩分も出ていくので飲料水などの場合は塩なども一緒に飲むか、
塩分が入っているスポーツドリンクなどを飲む必要があります。

 

熱中症はこまめに水分をとる事によって予防できる事なので汗をかく季節では喉の渇きを感じる前に水を飲むといいでしょう。

 

夏場になると気温が上がり強い日差しが降り注ぎますが、それに伴い発生してしまうのが熱中症です。
熱中症になってしまうと時には生命にも危険が及んでしまいますので、しっかりと対策をする必要があります。

 

特に小さなお子様や高齢者は体力が少ないですし、自己管理が難しいケースもありますので、
身の回りの人が意識するようにしなければいけません。

 

では、熱中症予防をする為にはどういった対策が必要になるのかと言いますと、
まず挙げられるのが水分を小まめに摂取する事です。

 

夏場になると沢山の汗をかいてしまいますが、
水分が不足してしまうと熱中症になり易くなってしまいますので意識的に摂取しなければいけません。

 

また、喉が渇いていない場合ですと水分補給が疎かになってしまう事がありますが、体内が水分不足になっている事もありますので、喉が渇いていない場合でも水分を摂取する必要があります。

 

熱中症予防の方法として、気温が高い時の外出は極力控えるようにする事も大切と言えます。

 

特に日中は気温が高く、日差しも強いという事もあり、余計に身体への負担が大きくなってしまいます。
その為、用事が無い時にはあまり外出しないようにした方が良いと言えます。

 

しかしながら、外出しない訳にはいかない事もありますが、そういった時には日差し対策をしなければいけません。

対策方法としては、まず日傘を活用するという手があります。

 

日傘を利用する事で直接的な日差しをガードする事ができますので、有効活用すると良いでしょう。

他にも熱中症対策グッズを活用するのも有効です。

 

例えば近年人気のグッズとして冷感作用のあるストールがあります。

冷やしたストールを首元に巻くだけで体温の上昇を抑える事ができます。

 

最近はおしゃれなデザインの物も沢山ありますので、ファッションの一部としても利用する事ができます。

 

熱中症予防は室内にいる時にも重要になりますが、室内で予防する為にはエアコンを有効活用する事が大切です。

室内でも熱中症になりますので油断しない事が大切と言えます。

スポンサードリンク