この記事の所要時間: 218

東京近郊にお住まいの方で、自衛隊の航空ショーに行ってみたいと考えている方におすすめの「入間航空祭2015」について日程やみどころ、チケット情報やアクセスの方法などをご紹介します。

スポンサードリンク

入間航空祭とは?

「入間航空祭」とは、埼玉県入間市にある自衛隊入間基地にて毎年開催される日本最大規模の航空祭です。

 

都内近郊ということでアクセスしやすいためか、毎年ものすごい動員数を記録するほど人気があり、2013年ではなんと32万人も動員したという快挙も。

 

 

 

入間航空祭2016年の日程

毎年11月3日に開催されている「入間航空祭」、2016年ももちろん11月3日(火・祝日)に開催されます。

 

普段入ることの出来ない基地が開放され、戦闘機や航空機を間近で見られるので迫力満点!

 

臨場感漂う展示飛行も見応え抜群です。

 

特に大人気のブルーインパルスの展示飛行は毎年すばらしいアクロバットな世界観を堪能させてくれます。

 

 

入間航空ショーの入場料は?

入間航空ショーの入場料は無料です。

入場料がかからないのはスバラシイですよね。

事前申請、予約なども一切不要です。

 

人数制限もないのは嬉しいところですが、その分とにかくものすごい人なので、

お子様連れで行く場合はお子様が迷子にならないよう注意しながら楽しみましょう!

 

関係者やスポンサーさんなどはVIPカードや招待券があり、観覧席も設けられており、粗品や祝賀会にも参加出来るようでうらやましい限りです。

 

入間航空ショーおすすめのアクセス方法

開催場所は入間基地です。

 

車でも電車でもとにかく大混雑になることは覚悟して頂きたいのですが、なんといっても駅からすぐの西武池袋線「稲荷山公園」駅を利用するのが最もスムーズなアクセス方法になります。

 

当日は臨時改札口なども作られ、より基地に近い出口から出られるような配慮もしてくれるので、「稲荷山公園」駅利用をおすすめします。

 

車で行く場合は基地内に駐車場がないので、近くのコインパーキングにとめるか、ショッピングを兼ねて丸広百貨店入間店にとめるか、という感じになります。

 

いずれにしても、ものすごい渋滞は避けて通れないので、車でのアクセスはあまりおすすめ出来ません。

 

これぞアメリカン!っていうサイズの巨大ハンバーガーや地元名物狭山茶のペットボトル、その他B級グルメや飛行機関連のグッズなど出店も充実しているので、お祭り気分も十分に味わえること間違いなしです。

 

今年はぜひ「入間航空祭」に足を運んでみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク