この記事の所要時間: 238

播州地方とは、瀬戸内海に面した兵庫県の南西部で旧播磨国にあたる地域をいいます。

その中心部となる姫路市の海岸地帯では10月になると各地で秋祭りが行われます。

 

大阪は泉州「岸和田だんじり祭り」、四国は「新居浜太鼓祭り」、

播州は姫路の「灘のけんか祭り」といわれるように、

播州地方の秋祭りも、氏子たちが情熱を燃やし、その豪快さと迫力は日本有数の祭りといえます。

スポンサードリンク

播州の秋祭りの由来

こうした祭りで主役になるのが、

氏子各町から繰り出す「ダンジリ」「太鼓台」「屋台」といった祭禮山車で、

氏子各町の象徴として地域の人々によって受け継がれています。

 

「灘のけんか祭り」は、古めかしい神輿をぶつけ合う特殊な神事によって、

天下の奇祭だとか、全国の数ある「けんか祭り」の中でも最大規模の祭りであると言われています。

 

播州の秋祭り日程

祭りは「宵宮」「出立ち」「宮入」「宮出」「露払い」「潮かき」「宮入」「練り場」「御旅所」と

2日間の日程で行われます。

 

「灘のけんか祭り」は10月14、15日に行われます。

 

祭りはそれぞれの家庭の朝風呂からは始まり、

灘の地区の人々はこの祭りのために1年を過ごしてきていると言っても過言ではありません。

 

播州の秋祭りの特徴

宮入りの早い地区は9時頃から「屋台」の蔵出しを行い、

次々と地区の「屋台」と練り子が一団となって八幡宮と目指します。

 

掛け声も勇ましく、神様に少しでも近づけようと「屋台」を高々と差し上げ

倒閣前では1年ぶりに顔を合わせる屋台同士が仲良く競い合います。

 

全ての「屋台」の八幡宮宮入が終わるのが2時くらいで、

宮入が終わると今度は宮出し練り合わせが行われ「屋台」同士が激しく合わせられます。

 

本宮は真っ暗な境内の中でお清めの儀が行われ、獅子檀尻が清めを行いながら進んでいきます。

 

他の「屋台」は蔵から出発し近くの海岸で潮かきを行い、

氏子たちは全身に海水を掛け合います。

 

暖を取ったあと宵宮と同じ順番で宮入りします。

 

 

けんか祭りの語源となった理由とは?

拝殿前に着くと、「一の丸」応神天皇「二の丸」神功天皇「三の丸」比咩大神(ひめのおおかみ)

それぞれの神が乗り移られた神輿を担ぎ上げ、お互いぶつかり合うので、

けんか祭りの語源と言われています。

 

本宮のメインである神社の西側にある御旅山への神宮渡御が始まります。

 

御旅山では球場のスタンドのように座って見ることができ、本宮はここで見ると見やすいでしょう。

 

アクセス方法  

・松原八幡神社

山陽電車 白浜の宮駅下車(祭り当日は直通特急・特急・臨時特急も停車します)

南へ徒歩5分

駐車場などが無い為公共交通機関をお使い下さい。
  

・御旅山  

松原神社より 徒歩15分     

山陽電車 白浜の宮駅下車 西へ徒歩15分    

妻鹿駅下車 南東方向 西へ徒歩10分(交通規制により徒歩)

 

※山陽電車で白浜の駅まで     

姫路より 約15分

神戸より 約50分

大阪より 約80分

スポンサードリンク