この記事の所要時間: 328

大人気キャラクターの企画展 「くまのプーさん展」が 2016年度も開催されます。

今回のくまのプーさん展では 350展の作品が展示をされます。

全国各地の開催地や開催期間について調べてみました。

スポンサードリンク

プーさんの魅力

くまのプーさんは1926年に児童向け小説として発表された 「Winnie-the-Poo」をディズニーがアニメ化して 有名になったキャラクターです。

子供や若い女性に人気があるだけでなく 男性でも隠れプーさんファンや、哲学的なセリフを研究している学者まで存します。

プーさんの魅力は、とぼけた雰囲気と 何もかも許してくれそうな暖かいまなざしかもしれません。

「さよならを言うのがこんなにつらい相手を持っているなんて、 ぼくはなんてしあわせなんだろう」 などの名言は大人でもはっとさせられることがあります。

 

2016年の開催地と期間はいつからいつまで?

 

2014年に開催され大人気だったプーさん展は2016年も開催されます。

 

↓ 2014年の時の様子

 

2016年の開催地はこの記事を書いている時点では3箇所決定しています。

大分、長崎、長野の三箇所です。

それぞれについて詳しく解説をします。

 

大分展の詳細

大分の開催期間は1月の2日から2月の29日までです。

開催地はトキハデパート別府店の5階です。

 

トキハデパート別府店には立体駐車場と平面駐車場があり、アクセスは良好です。

また駅からも近く、歩いて行ける距離にありますので、鉄道で行かれる場合も迷うことはないでしょう。

 

不安な方はスマホの地図アプリを使うか、タクシーを利用するといいでしょう。

 

入場料は大人1,000円、高校生以下は500円とリーズナブルな設定。

3歳未満は無料で入場ができます。

 

長崎展の詳細

長崎では3月の12日から4月の17日までが開催期間です。

開催場所は長崎県美術館です。

 

長崎県美術館へのアクセスは、JR長崎駅から徒歩15分。

路面電車があり、出島電停で徒歩3分、市民病院前電停で徒歩2分です。

電車で行く場合は駅から路面電車に乗ったほうが良さそうです。

 

フェリーで行く場合は、長崎港大波止ターミナルから徒歩10分。

さすが貿易港として栄えた街だけに、フェリーから街の中心地へのアクセスも良好ですね。

 

車で行く場合は長崎自動車道・長崎ICより長崎出島道路経由でアクセスし、5分です。

駐車場は施設の横に県営の駐車場が設置されていて、利用料金は最初の3時間は30分50円です。

その後は30分毎に昼間は120円、夜間は60円が加算をされます。

上限価格が2880円に設定されていますので、こちらに停めて観光をしたり、宿泊をされる場合も安心です。

 

 

長崎の入場料金は大人1100円、

高校生と大学生、80歳上の方は800円、

小中学生が700円です。

 

長野展の詳細

長野では4月の23日から5月の29日まで開催期間となります。

開催場所は水野美術館です。

 

水野美術館までのアクセスは、電車ですと長野駅までまず移動をします。

これは新幹線が通っているので、新幹線で行くのがいいでしょう。

そして長野駅下車後は東口から長電バス「日赤・水野美術館行き」に乗ります。

移動時間は10分ほどです。

終点で下車をして下さい。

 

車で行く場合は、上信越自動車道「長野インター」から15分です。

駐車場は利用料無料で80台収納台数があります。

 

 

長野の入場料は大人1,000円、中高生700円、小学生400円です。

 

これ以外の開催地について

この後のスケジュールも 日本全国に巡回する予定になっています。

プーさんが好きな方も、お子様とお出かけされたい方も、 ディズニーの歴史的なアニメの資料を見たい方も 要チェックのイベントになっています。

 

前売り券や割引券はないの?

ローソンで前売り券を購入することで100円引きで入場ができます。

ローチケHMVのサイトで「プーさん展」と検索をされてみてください。

スポンサードリンク