この記事の所要時間: 36

アジングをご存知ですか?
アジング。なかなか聞きなれないぞ、という方もいらっしゃるかもしれませんが、実は今、かなり人気のキーワードです。

スポンサードリンク

アジング? 魚の鯵に何か関係があるの? と思われた方、かなり勘が良い! 

そうです、アジングは、「鯵」+「ing」という成り立ちで「アジング」と言われるようになりました。

同じような言い回しで、メバルを釣る「メバリング」という言葉もあります。なかなかユニークなネーミングですね。

 

アジングは「アジをソフトルアーやジグを使って釣る釣りの方法」で、ルアーや釣竿を最初に購入するときだけにコストをかければ良いため、かなり経済的な釣りの方法なのです。

 

更に、アジは初心者にも釣上げやすい魚のため、これから釣りを始めようという方たちの間で、密かにブームが来ている、というわけです。

 

 

ジグってなに?

アジングは「アジをソフトルアーやジグを使って釣る釣りの方法」ということはわかりました。

が、「ジグ」って何? とお思いの方も多いはず。

釣りをされない方にとって、なかなか聞きなれない言葉ですよね。

ジグとは、疑似餌(ぎじえ)と呼ばれるルアーの種類です。

 

基本的には、小魚やエビに形を似せた金属の塊でできており、その塊の端に魚をひっかけるためのフックが付いています。

ジグの強みとしては、金属製のため重みがあり、より遠くのほうで飛ばすことができるという点が挙げられます。

 

アジングで使うのは「メタルジグ」と言われるもの。

ジグの中ではかなりスタンダードなタイプで、釣具屋さんでも「アジング用」等とコーナーを区切って販売されていることもありますので、迷ったときは店員さんに相談しながら自分に合ったジグを選んでみてください

 

また、メタルジグは必ずしもアジだけではなく、カンパチやマグロ等、大型の魚も狙うことができるので、アジングを機に釣りにはまった、という人は様々なジグでいろんな魚に挑戦してみるのもいいかもしれません。

 

 

アジの性質を利用したアジング

アジングは一気にアジを一網打尽にするのではなく、小さいルアーを使って、アジを一匹ずつ釣り上げていきます

先ほどから「初心者向き」と言っていますが、決して「釣れやすい」わけではありません

 

実際にアジングをやってみたけれど、全然釣れなくて断念してしまった、という方もいらっしゃるかもしれません。…しかし、それは初心者ではない人にも同じことなのです。

 

ある程度アジングに慣れた人でも、うまくいかないと、一匹も釣れない時もあるのです

 

もちろん、待つことも釣りの醍醐味ではありますが…なぜこんなことが起きるか、というと、アジが「回遊魚(かいゆうぎょ)」と言われるタイプの魚のためです。

回遊魚は集団で円柱状に泳ぎ回る魚のことです。

そのため、一度タイミングよくアジの集団の中にルアーを入れることができれば、面白いぐらい釣れてしまうのです。

 

逆に全然釣れない、というときは、このタイミングをうまくつかめていない可能性があります。

経験を積んで、回遊魚の性質を逆手にとれるようになれるとあなたもプロのアジング人ということになりますね(笑)。

 

アジングで釣れるアジは、大きいものだと、30~40センチにもなります。大物を狙えますね! 

 

アジは基本的に年間の半分の時期は釣れます

 

地域にも拠りますが、大体6月から11月、12月ぐらいまで釣ることができます

 

ぜひ地域の釣りガイドや釣り予報を参考に、アジングに挑戦してみてください。

 

スポンサードリンク