この記事の所要時間: 424

「三社参り」って知っていますか?

西日本の一部の地域では風習として一般的に行われているようなんですが、まだまだ知られていないこの「三社参り」について、ご紹介します。

スポンサードリンク

三社参りの意味って?

 

『三社参り』とは、三つの神社を詣でて、三つの神様に挨拶をするという意味があります。

 

福岡県を中心として、九州や中国地方の一部で根付いている風習です。

 

一般的には、どこの神社を訪れるか具体的には決まっておらず、好きな三社を詣でます

 

近くに大きな神社があれば、それを含めた三社を考えて、お参りしているようですね。

 

 

ただし、地域によっては好きな神社を三つ回ればいいという訳ではなく

・氏神(家系を守る神)

・産土神(土地を守る神)

・鎮守様(土地や建物を守る神)

の三社を一つずつ参るという決まりなんかもあるようです。

 

この風習のない地域の人達からは、「ありがたみが減る」とは「神様同士が喧嘩して、あまりよくないのでは?」なんて否定的な考え方もあるようです。

 

因みに、『三社参り』の風習がある地域は以下のとおりです。

福岡県/佐賀県/長崎県/熊本県/大分県/宮崎県/山口県/広島県/和歌山県

 

挿入画像・2

 

『三社参り』の由来は?

 

由来は諸説あります。

 

一つ目は、元々朝延が、伊勢神宮・石清水八幡宮・賀茂神社の三社に奉幣し、これが庶民にも三社詣でる風習として広まった、という説。

 

スポンサードリンク

もう一つは、もともとは先祖代々の守護神である氏神様と、出生地の守護神でありその人の一生の守り神である産土神様、そして現在住んでいる地域の守護神である鎮守神様の三つの神様に挨拶をする意味で三社詣でていた、という説。

 

この二つが有力な説ですが、はっきりとはわかっていません

 

挿入画像・3

 

『三社参り』の時期はいつからいつまで?

 

『三社参り』は、正月の初詣として、三つの神社を詣でるものとされています。

 

なので、この風習が根付いている地域では【初詣=三社参り】とされ、お正月に当然のこととして『三社参り』が行われているのです。

 

 

地域によっては、「一日のうちに三社もうでなければならない」とか「三が日の間に詣でなければならない」という決まりごともあるようですが、実際のところは、これといって定まってはいません。

 

お参りする順番などの決まり事も特には無いようです。

 

 

 

『三社参り』についてご紹介してきましたが、いかがでしたか?

最近では都内を含め、様々な地域で“三社参りコース”が作られていたり三社参りにオススメの神社が紹介されているようですよ。

是非、来年の初詣の参考にしてみてくださいね。

 

三社参りの決まり、しきたり

三社参りは3つの神社を回る、午前に行くなど様々なルールが地域によってあります。

どの神社を回るかは決められておらず、例えば氏神、産土神、鎮守神を3つそれぞれ回るなど、地域によってしきたりも細かく決められている地域もあります。

 

氏神(うじがみ)というのは集落に住む人が信仰をする神様のことです。

産土神(うぶすながみ)は自分が生まれた場所にいる守護神のことです。

鎮守神(ちんじゅがみ)は氏神や産土神を総称するもので、より広い区域を守るために祀られた神様のことです。

 

これらを回ることで自分の地域、生まれ育った場所に対して挨拶をすることが出来るのです。

 

三社参りは西日本の限られた地域にしかない監修なので、東日本の人には馴染みのない風習です。

主に正月の初詣として三社参りをする風習なので、お正月に実家に帰った時にすることになる人が多いと思います。

 

喪に服している時の三社参り

もし喪中期間の間は三社参りは49日が過ぎるまで見送るのがマナーです。

この期間は鳥居をくぐること、祭礼への参加は控えるものとされています。

 

三社参りのバスツアーが通年開催されていた

お正月を過ぎても三社参りをしてみたいと思う方は多いのではないでしょうか?

そして車がなかったり遠方の神社に行きたいけど、なかなかいけないと感じている方もいらっしゃるでしょう。

そんな時にバスツアーで三社参りが出来るツアーがあると便利ですよね。

 

これについて調べてみたところ、四季の旅という旅行会社で毎月土曜日に2回開催されていました。

新宿駅の西口に集合し、そこから鹿島神社、息栖神社、香取神宮を回ることのできるツアーです。

 

これであれば車を持ってない方でも参加できますし、車を持っている方でもお酒を食事の時に楽しむことが出来ますね。

添乗員の方も同行されるので、質問もでき参加しやすいツアーだと思います。

参加料金はこの記事を書いている時点で6,980円となっています。

 

これ以外にも同社では、秩父さん社めぐりツアーと称して、三峯神社 、長瀞岩畳 、 宝登山神社 の3つを廻るツアーが用意されていたりと、三社参りに力を入れています。

 

パワースポット巡りツアーなんてものも用意されていて、個人的にはこちらに興味が出てしまいました。 

スポンサードリンク