この記事の所要時間: 225

そもそもひな祭りとは何故行われるか、理由はいくつかあります。

まずは厄払いをして不幸を遠ざけるためと、きちんとした娘に育てたいから早く幸せになって欲しいからという言い伝えがあるそうです。

良く早く片付けないと嫁にいけなくなると言いますが、全てが早く片付けることにつながっています。

では、食べる物には何か意味があるのでしょうか?

スポンサードリンク

ひな祭りに食べる物で何をおもいだすでしょうか。

一般的にはちらし寿司です。

 

しかしちらし寿司自体にはあまり意味がないと言われています。

それよりは中に入る具に意味があるようです。

 

海老:「長寿」腰が曲がるまで丈夫と言う願い。赤いので「魔除け」脱皮を繰り返すことから「出世祈願」の意味も

 

ハス:「先を見通しがきく」穴から先を見通せるから。

 

:「健康でマメに働く」仕事が上手くいくようにと言う願い。

 

菜の花:春らしさの演出

 

という意味があるそうです。

 

 

次にちらし寿司を食べるときは一緒に「はまぐりのお吸い物」を出されることが多いです。

 

「はまぐり」はついになっている貝殻でなければぴったり合いません。

このことから、「一人の人と生涯連れ添う」という願いが込もっています

 

「菱餅」は古代中国で食べられていたのは母子くさ(ははこぐさ)のお餅で緑一色でした。

 

日本では母子草がよもぎ餅となり、江戸時代には白、明治時代には赤が加わって現在の三色になりました。

 

・赤(くちなし):魔除「解毒作用」

・白(ひしの実):清浄・純潔「血圧を下げる」

・緑(よもぎ):厄除け。健康「増結作用」 を表すとともに春らしさをかもし出す。

 

「白酒・甘酒」には桃が百歳を表す「百歳(ももとせ)」に通じることから、桃の花を清酒にひたした「桃花酒(とうかしゅ)」が飲まれていましたが、江戸時代から、蒸したもち米や

米麹にみりんや焼酎を混ぜて作る「白酒」が定着しました。

 

もうひとつの「甘酒」は2種類あり、酒粕を使ったアルコールを含むものと、ご飯に米麹を混ぜて一昼夜ねかせて作る

アルコール度数1%未満の(別名「一夜酒(ひとよざけ)」があります。私たちが子供の頃飲んだのは後者です。

 

「ひなあられ」はその昔、女の子達がひな人形を持って野山や海辺に出かけて。おひな様に景色をみせてあげる「ひなの国店」という風習があり、この時春のご馳走と一緒に火ならレを持っていったのが始まりで。菱餅を砕いて作ったとので説があります。

一般的には、三色ですが黄色を混ぜて華やかにすることもあります。

 

 

日本の伝統行事には、お祝いの食事がつきものですが、それぞれ縁起を担いだり、願いが込められたりしています。

華やかなひな祭りの時に、母親から娘に伝えていきたい文化ですね。

 

 

スポンサードリンク