この記事の所要時間: 229

新しい年を迎えると、その年はいいことが起こりますように・・と初夢に願いを込めたりする方も多いと思います。ところで、初夢っていつ見る夢のことをさすのでしょう???縁起の良い夢ってどんな内容のもの???なんて、細かいところまで突っ込んでみると意外とよく分からないもの。

そこで今回は初夢の定義や次期、内容の良し悪しについてまとめてみました。

スポンサードリンク

初夢はいつ見る夢のこと?

初夢って31日の夜に見る夢?1日の夜に見る夢?と、実際はいつ見る夢をさすのか分からない方も多いと思います。

 

初夢についての定義はいくつかあって・・

1、大晦日の夜に見る夢

2、元旦の夜に見る夢

3、元旦〜2日の間に見る夢

4、2日〜3日見る夢

5、節分の夜から立春の明け方に見る夢

 

地域や時代によってこんなにも定義が異なるようです。

 

現代では、一般的に1日の夜に見る夢が初夢とされています。

 

しかし、1日の夜に必ず夢を見れるわけではないし、見ても覚えてない・・なんて方もいると思います。そのような場合は、元旦〜3日ぐらいの間に見た夢を初夢とする方も多いようです。

 

 

初夢で見るといいとされるもの

 

初夢で見ると縁起が良いものとして有名なのは「一富士二鷹三茄子」ですよね。

 

富士山には「無事」に過ごせるという意味があり、鷹は「高い」高く上昇出来るという意味があり、茄子は「成す」物事や目標・夢を達成出来るという意味があるようです。

 

もしどうしても見たい!という夢がある場合は、眠りに入る時、頭の中で強く思い描きながら目を閉じると効果があると言われているので、ぜひ実践してみたいものです。

 

ところで、「一富士二鷹三茄子」には続きがあるってご存知でしたか???

 

 

実はこの3つの他、あと3つ縁起の良いものがあるのです。

4つ目は「扇」です。扇は広がるので、末永く子孫が広がるという子孫繁栄を意味するようです。

5つ目は「たばこ」です。たばこの煙は上に上がっていくので「鷹」の夢の同様、上昇出来るという意味があるようです。

6つ目は「座頭」です。『座頭市』などの映画でもおなじみの盲目の階級の方をさします。盲人には毛がない、ということから「怪我をしない」という意味があるようです。しかし夢で座頭が出てくるなんてシチュエーション難しすぎる〜、笑。。

 

 

もし初夢で悪い夢を見てしまったら???

 

良い夢が見れたら、それが正夢になることを願って一年気持ち良く過ごせそうですが、悪い夢を見てしまったらどうしましょう?!

そんな時の対処法をご紹介します。

 

1、「バク」の絵を枕の下に入れ、悪い夢を食べてくれるよう願いましょう。

2、宝船の絵を描き、悪い夢と一緒に川に流してしまいましょう。

3、夢と逆のことが起きるよう、悪い夢は逆夢だった!と願い笑い飛ばして過ごしましょう。

 

良い夢が見られますように・・

スポンサードリンク