この記事の所要時間: 214

以前、知り合いが、ドッグフードが美味しくて、子どもの頃おやつに食べていたなんて話をしていましたが…

動物用に作られたものって、人間が食べても大丈夫なのでしょうか?

今回は、『鹿せんべい』について色々調べてみました。

 

スポンサードリンク

 

奈良公園の名物くん達

 

奈良公園の名物…『鹿』。有名ですよね?

かわいい顔をしているのですが、集団で囲まれるとちょっと怖かったりもします。

その『鹿』くん達の為に用意されている“エサ”が、これも有名な『鹿せんべい』です。

 

『鹿せんべい』は、愛護会が販売する証紙で束ねられて販売されています。

この証紙の売り上げは、怪我をした鹿の保護や、出産費用などに充てられており、年間約3千万円程になるそうですよ。

観光客は『鹿せんべい』を食べる鹿さん達を見て楽しみ、その費用は鹿さん達のお役に立てているというのだから、なんだか嬉しくなっちゃいますよね。

 

 

『鹿せんべい』人間は食べられる?

 

鹿は1日に約5キロの草を食べる、とっても食欲旺盛な動物です。

草よりは高カロリーな『鹿せんべい』ですが、1枚の重さは3~4g程度なので、何十枚でもパクパク食べてしまいます。

 

『鹿せんべい』は、鹿達の為に工場で作られているようですが、材料は“米ぬかと小麦粉と水”です。

なので、特に害は無く人間も食べられます

香りも良く、食べられますが…

苦くて不味いのでご注意ください。

 

 

『鹿せんべい』は作れるの?

では、この『鹿せんべい』を家で手作りすることは出来るのでしょうか?

 

もちろん、出来ます!

 

材料を混ぜ合わせて焼くだけなので、簡単です。

 

≪材料≫

米ぬか…適量

小麦粉…適量

水…適量

 

ホットケーキのたねくらいの硬さをイメージしながら、しっかり混ぜ合わせて、ホットプレートやフライパンでこんがり焼けば出来あがり

どら焼きくらいの大きさが、ちょうど良い大きさでしょうか?

 

これにドングリをすり潰した粉をいれるとか、小麦粉の代りに「ご飯」を潰したものを使うとか、アレンジすることも可能です。

 

しかし、何度も言いますが…不味いです

味見をするのはオススメ出来ません。

くれぐれもご注意ください。

 

なんでも、奈良公園を訪れる人の中には、未だにこの『鹿せんべい』を“おみやげ”と勘違いして、買って帰られる方がいるとか…。

持ち帰らずに、鹿さん達に食べさせてあげてくださいね。

おみやげとして貰った人が、知らずに食べてしまうということもあるかもしれないので…。

 

スポンサードリンク