この記事の所要時間: 414

「ひらパー」の愛称で親しまれ、V6の岡田准一さんがイメージキャラクターを務める大阪府枚方市にある遊園地「ひらかたパーク」。

関西のテーマパークと言えば、今やUSJが人気であり知名度も抜群ですが、ひらパーも負けてませんよ!!

 

乗り切れないほどたくさんのアトラクションはスリル満点のものからちびっこが楽しめるものまで揃っているし、「ポケモン」や「ハイキュー!!」などのアニメとコラボレーションしたイベントもあったり、動物とふれあう広場フードコートも充実しているんです。

そこで今回はひらパーが気になる方、行こうかなぁ・・と思っている方にお得な割引券を手に入れる方法や、予約方法年間パスポートの概要などを、おすすめのアトラクションやイメージキャラクターのご紹介とともにまとめてみました。

スポンサードリンク

ひらかたパークのイメージキャラクター

ひらパーは、もともとお笑い芸人のブラックマヨネーズ・小杉竜一さんを「ひらパー兄さん」という愛称のイメージキャラクター兼園長として起用し、すっかり定着していたのですが、平成25年春よりジャニーズの人気グループV6のメンバーであり、俳優としても活躍している岡田准一さんを「超ひらパー兄さん(スーパーひらパーにいさん)」に抜擢!!岡田さんの起用で、ひらパーも一気に知名度が全国区に広がりました。

そして、年間入園者数が100万人達成出来なければ園長はクビになる!という企画のもと、動員を増やすイベントやCMが放送され、堂々の100万人動員を達成、園長は延長されることとなりました。

 

 

ひらかたパーク割引券の種類と入手法

ひらパーは京阪電気鉄道が運営しているので、京阪電車の乗車券とセットになった割引券があったり、年間パスポートやJAF会員割引ピタパカード割引など様々な種類の割引券があるので、目的や自分たちに合った割引券を選んで利用するのがお得です。以下、5

種類をご紹介しますので参考になさって下さい!!

 

1、京阪電車の乗車券とセットになった割引券

京阪電車のみ利用する場合は、「京阪電車乗り降り自由+ひらパー入園」がセットになった「ひらパーGO!GO!チケット」がお得です。

ひらパー入園料は大人1,400円ですが、「ひらパーGO!GO!チケット」なら京阪電車の乗り降り自由券がついても同額の1,400円、これはかなりお得です!!

 

京阪電車の他に乗り継ぎの電車を利用する場合は以下の通りです。

・大阪指定地下鉄版

(地下鉄・ニュートラム・バス全線乗降り自由+淀屋橋~守口市駅、中之島線乗降り自    由):大人1,750円、小児900円

 

・大阪モノレール版

(モノレール前線、乗降り自由、門真市~枚方公園の往復):大人1,800円、小児950円

 

・北大阪急行版

(北大阪急行前線、乗降り自由+地下鉄全線乗降り自由+淀屋橋~守口市駅、中之島線乗降り自由):大人1,850円、小児950円

 

・叡山電車版

(叡山電車乗降り自由+出町柳~枚方公園の往復):大人1,700円、小児900円。

 

2、年間パスポート

年間パスポートは「入園のみ」と「入園+フリーパス」の2種類があります。どちらも4回以上行くなら元がとれます。

「入園のみ」・・大人(中学生以上):5,000円

        子供(2歳~小学生):3,000円

「入園+フリーパス」・・大人(中学生以上):17,000円

            小学生:14,000円

            子供(2歳~幼児):9,000円

 

3、JAF会員割引

5名様まで20%OFFとなります。

購入は入園チケット売り場、園内インフォメーション、団体受付のPiTaPa設置場所のいずれかになります。

 

4、オークション

Yahoo!オークションや楽天オークションでは、入園招待券や株主優待チケットなどがたくさん出品されています。

 

5、PiTaPa(ピタパ)カード

関西の私鉄で利用できるピタパカードを提示するだけで20%OFFになります。この割引方法があることは意外と知られていないかも・・

 

ひらかたパークおすすめのアトラクション

クオリティが高く、種類も豊富なひらパーのアトラクション。その中でもおすすめの人気アトラクションベスト3をご紹介します!!

 

1、木製コースターエルフ

木製だから味わえる激しめの横揺れの中、軽快に駆け抜けるスピート、柔らかい乗り心地がクセになる!!恐怖と心地よさが同時に味わえる絶叫系スリル満点のアトラクションです。

 

 

2、ジャイアントドロップメテオ

地上50mの高さから猛スピードで一気に落下する超絶叫マシーン。意識も遠くなるほどの恐怖を体感出来る。

 

 

3、トロールパニックパチャンガ

激流の渓谷をボートに乗って下っていくアトラクション。びしょ濡れになる覚悟が必要です。

スポンサードリンク