この記事の所要時間: 219

3〜15歳ぐらいまでの子供によく見られる「水いぼ」。

それほど大きな病気ではなく、感染力も弱いほうだけれど、一度感染してしまうとプールに入れなくなったりするので厄介な感染症です。

そこで今回は、水いぼとはどんな病気でどんな特徴があるのか、プールでうつる可能性はあるのか、水いぼに感染してしまった場合の対処法などをご紹介します。

スポンサードリンク

水いぼとは???

 

子供が発症しやすい皮膚病とされている「水いぼ」ですが、乳児から成人した大人まで発症する良性疾患のウイルス感染症のひとつです。

 

はじめは小さなブツブツができますが、次第に大きくなり直径2〜5mmほどになり、つぶすと中から白い芯のようなものが出てきます

 

痛みはありませんが、足ゆび・脇の下など蒸れやすい場所に出来た場合はかゆみを伴う場合があります。

 

放っておくと1〜2年ぐらいでからだの中に抗体が出来るので、自然に治ることがほとんどですが、気になってつぶしたり掻きむしったりしてしまうと、ウイルスが拡散し水いぼが増えてしまう場合があるので注意が必要です。

 

感染しやすい場所

 

子供が感染する場所として多いのが「プール」です。

 

水で感染することはありませんが、水いぼに感染している人と肌がふれあった時や、ビート板や浮き輪を共有した時、タオルを共有した時などに感染します。

 

 

 

水いぼが出てしまった時の対処法

 

自然治癒なんて待てない!早急に治したい!!なんて方は、イソジンを塗ったり、ピンセットで取り除いたり、ヨクイニンや漢方薬、はと麦茶を飲むなどの治療方法があります。

 

 

イソジンを塗る場合・・

自宅で簡単に出来るシンプルな治療法はイソジンを塗る方法です。

お風呂上がりにイソジンを綿棒に付け、1〜2滴垂らすだけで早ければ1ヶ月程度で完治します。

 

ピンセットで取り除く場合・・

ピンセットで取り除く場合は水いぼ取り専用の先端が丸くなっているピンセットを使用し、いぼの芯となる白っぽいウイルスを除去します。

自宅でやるのは難しいとされており、たくさん水いぼがある方は根気のいる作業になりますので、ピンセットで取り除きたいという場合は通院して専門医に除去してもらうことをおすすめします。

 

ヨクイニンや漢方薬、はと麦茶を飲む場合・・

飲んで治す場合は、どれを飲むにしても毎日続けることが大切です。

イソジンやピンセットほどの即効性はありませんが、自然治癒を待つよりは早く治るでしょう。

いずれにしても、人それぞれ症状や状態が異なるので、まずは皮膚科に相談してみることをおすすめします。

 

 

スポンサードリンク