この記事の所要時間: 221

「白いトロ」という別名があるぐらい、脂がしっかりとノっている身で有名な高級魚「のどくろ」。

希少価値が高く、関東地方ではほとんどお目見えすることがない魚ですが、その存在を知ってしまったからには食べておくに限ります!!

そこで今回はのどくろを食べようと思ってる方、興味を持っている方に旬のシーズンはいつなのか、おすすめの調理方法などをご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

のどくろとは???

 

のどくろの正式名称は「アカムツ」です。

東北、北陸以南の日本海や太平洋に広く生息している魚であり、稀に関東でも獲れたりすることがあります。

 

しかし、関東で獲れた場合はのどくろとは言わず、あくまで北陸や山陰地方で獲れたものをのどくろと呼んでいる、いわば産地呼称のような呼び名です。

特に富山湾で獲れたのどくろは絶品中の絶品とされています

 

 

のどくろの旬はいつ???

 

のどくろは一年中どの季節に獲っても程よく脂が乗っておりおいしい魚なので、旬の季節がいつなのか?意外と知られていないかもしれません。

食べ方によって旬が異なると唱える人や、のどくろの旬は冬だ!と断言する人など諸説あります。

 

金沢近辺では冬場を旬としていますが、春に近付くと産卵期に入るため卵を煮付けした「ムツコ」もおいしく、夏の季節は刺身や握りがおすすめです。

なんといっても抜群に栄養価が高く、DHA、EPA、ビタミンA・B1・B2、カリウム、カルシウムなどが豊富に含まれているのです。

 

DHA・・疲れ目や視力低下に効果あり。認知症の予防にも効果絶大です。

EPA・・血液をサラサラにしてくれる効果あり。

ビタミンA・・疲れ目、肌荒れなどに効果あり。抗酸化作用もあり。

ビタミンB1・・糖分をエネルギーに変えてくれます。

ビタミンB2・・脂肪をエネルギーに変えてくれます。

カリウム・・高血圧予防。余分な塩分を体外へ排出してくれる作用もあり。

カルシウム・・骨を丈夫にし、イライラを抑える効果あり。

 

 

 

おすすめの調理方法、食べ方

 

のどくろはどんな調理方法でも美味しく頂けるので、あとはそれぞれの好みの問題になってくるかもしれませんが・・

 

冬におすすめの調理方法

・塩焼き

シンプルに塩焼きで頂くのもGOOD

・鍋

出汁として使用しても絶品です。

 

夏におすすめの調理方法

・刺身

・握り

身が柔らかく傷みやすく足も早いので、刺身や握りで食べるなら鮮度の良いものを選ぶようにしましょう。

 

春、または秋におすすめの調理方法

・子持ちの煮付け

 

 

赤いダイヤモンドと称されている超高級魚「のどくろ」。金沢周辺に行った際は是非食べてみたい一品です!!

スポンサードリンク