この記事の所要時間: 36

巨大な雪の像が並ぶ『さっぽろ雪まつり』。

毎年、雪像づくりの様子がニュースなどでも取り上げられますよね?

さて、来年の開催期間はいつ頃になるのでしょうか?

スポンサードリンク

さっぽろ雪まつりとは?

 

『さっぽろ雪まつり』は、北海道で最も大規模なイベントのひとつで、毎年2月上旬に札幌市内の複数の会場で開催される雪と氷の祭典です。

 

期間中は、大小いくつもの雪や氷でつくられた像が並び、日本全国だけでなく、海外からも多くの観光客でにぎわいます

 

 

さっぽろ雪まつりの歴史

 

1950年に、地元の学生によって大通公園に6つの雪像が設置され、それがきっかけで『雪まつり』が始まりました。

雪像展だけでなく、雪合戦やカーニバルなども開催され、5万人もの人が集まり賑わったようです。

 

1955年には、自衛隊が参加して大規模な雪像がつくられました。

そこからどんどん雪像づくりが大掛かりなものとなっていき、数年後にはテレビや新聞で紹介されるようになります。

観光客もどんどん増え、北海道だけでなく日本の雪まつりとして定着していきました。

 

そして1972年の札幌オリンピックの時に、『さっぽろ雪まつり』が世界中に知られるようになったのです。

 

その後も開催期間を延ばしたり、会場を増やしたりと成長を続けています。 

 

 

2016年の開催期間は?会場はどこ?

 

2016年は、つどーむ会場での開催期間が延長されます。

各会場の開催期間は下記の通りです。

 

【大通会場】

開催期間:2016年2月5日(金)~2月11日(木)

場所:大通公園 西1丁目~西12丁目

※ライトアップは22:00まで

 

約1.5キロメートルにわたり、雪と氷によってつくられた芸術品を楽しむ事ができます。

また、様々なイベントも開催されます。

期間中は、いつでも作品を見る事ができますが、ライトアップは22時までとなっています。

 

【すすきの会場】

開催期間:2016年2月5日(金)~2月11日(木)

場所:南4条通りから南6条通りまでの西4丁目線(駅前通り)市道

 

大・中の氷彫刻や氷彫刻コンクール作品などの幻想的な氷像が展示されます。

こちらもいつでも作品を見られます。ライトアップは23時までです。

※最終日のライトアップは、22時まで

 

【つどーむ会場】

開催期間:2016年2月5日(金)~2月18日(木)まで

場所:札幌市スポーツ交流施設  コミュニティドーム(愛称:つどーむ)

札幌市東区栄町885番地1
開催時間:9:00~17:00

 

滑り台やスノーラフトなど、子どもから大人まで雪と楽しくふれあうことができます。

屋内スペースには、休憩所や飲食ブースなどもあります。また、子どもが遊べるファミリー広場などの遊び場もたくさん用意されています。

 

イベント内容などの詳細については、まだ確定していないものもありますが、決まり次第公式サイトにて確認することができます。

 

さっぽろ雪まつり公式サイト↓↓↓↓↓

http://www.snowfes.com/index.html

 

 

雪と氷でつくられた作品は、毎年どれも素晴らしいものばかりですよ。

是非一度、訪れてみてはいかがでしょうか?’

 

雪まつりが部屋から見えるホテルは?

雪まつりが部屋から見えるホテルは早めの予約が必須です。

直前でも予約が取れるホテルは会場から離れた場所になるでしょう。

毎年200万人を超える人が訪れるので、宿の予約は早めに済ませておきましょう。

スポンサードリンク