この記事の所要時間: 412

そろそろ彼岸入りの時期ですね。

小さいころはおばあちゃん子でしたので、おはぎが食べられると心待ちにしていた思い出があります。

そういえば、お彼岸とはいつからいつまでの事を指すのでしょうか。

毎年決まった日ではありませんが、2016年の彼岸入りがいつなのか知っておくと、お彼岸の準備がしやすいですね。

今回は、

●彼岸の入りの意味は?何をする日なの?
●春彼岸と秋彼岸の違いは何?
●お彼岸を迎える準備の仕方
●お墓参りをする時に持っていくもの

 

についてまとめたいと思います。

 

スポンサードリンク

 

彼岸の入りの意味は?何をする日なの?

お彼岸とは、もともと仏教において悟りを開き、彼岸(極楽浄土)に行くための修業期間の事だったようです。

今では、お墓参りをしてご先祖様を供養する日になっていますね。

 

お彼岸は年2回ありますが、それぞれの期間は、

春のお彼岸は春分の日から前後3日

秋のお彼岸は、秋分の日から前後3日

の7日間ずつとなっています。

 

2016年の春の彼岸は、3月20日が春分の日ですので、3月17日が彼岸の入り・3月23日が彼岸のあけ

秋の彼岸は、9月22日が春分の日ですので、9月19日が彼岸の入り・9月25日が彼岸のあけとなりますね。

 

ではなぜ、春分の日と秋分の日は固定されていないのでしょうか?

春分の日と秋分の日は、厳密には昼の方が長いのですが、昼夜の長さがほぼ同じ日になります。これは、国立天文台が算出し、毎年発表しています。

 

ですから、毎年春分の日と秋分の日が違ってくるのですね。

天文台なんて、一見祭日と無関係なところが決めているなんて、とても不思議な気持ちがします。

 

ohaka

 

春彼岸と秋彼岸の違いは何?

春彼岸と秋彼岸、どちらもお墓参りをしますが、違いは何かあるのでしょうか?

結論から言いますと、特に違いはないようです。

 

違いがある物とすれば、お供え物のおはぎでしょうか?

おはぎとぼたもち、どちらも同じもののように思えますよね。

牡丹の花が咲くころ(春分の日)に作るから、牡丹餅

萩の花が咲くころ(秋分の日)に作るから、お萩

と呼ぶという話を聞いたことはありませんか?

 

もち米を蒸して軽くつき、あんこで包んだもの…大体同じものなのですが、正確に言うと粒あんかこしあんの違いがあるようです。

あんこの原材料である小豆。収穫時期はご存知でしょうか?

 

小豆の収穫は秋に行われます。

秋に収穫した皮の柔らかい小豆を使い、粒あんで作るのがおはぎ

保管して皮の固くなった小豆を使うので、こしあんで作るのがぼたもち

 

と呼ばれていたそうです。

季節の違いだけでなく、あんの違いもあるのですね。

 

スポンサードリンク

 

祖母の家の近くには、自家製のあんこを売っているお店がありましたので、彼岸の時期には1キロずつ買いに行き毎年作っていました。

そのお店にはこしあんしか売っていませんでしたので、祖母の家ではずっとぼたもちだったのですね。

 

anko

 

お彼岸を迎える準備の仕方

お彼岸の準備には何がいるでしょうか?

ご実家でしたらご家族に聞けばわかりますが、嫁ぎ先の準備を手伝われる場合、分からないことが多いですよね。

知らないまま恥をかく前に、お姑さんやお舅さんへ毎年どのようにお彼岸を迎えられているのか色々と確認しておく方が安心です。

大体のご家庭では、お彼岸の前に仏壇掃除やお供え物の準備をするところが多いようですが、これも家庭によって様々ですので是非確認しておきましょう。

 

butudan

 

お墓参りをする時に持っていくもの

お墓参りの準備としては

●お墓掃除の道具(バケツ・杓子・たわし・箒とちりとり)
●お線香・ろうそく・マッチ
●仏花
●お供え物

などがあればいいと思います。

お墓に砂利などがなく、雑草が生えている時には除草作業も必要になってきますね。

また、仏花を長持ちさせるコツとしては、花のお水にハイターを数滴混ぜると良いそうです。

忙しくて中々お墓参りに行けない方は、是非試してみてくださいね。

 

 

まとめ

今までお彼岸でお墓参りをしてきたけれど、お彼岸の由来や、なぜ祝日が毎年変わるのかまでは知らなかった。という方もいるのでは?

私もおはぎとぼたもちに、ちゃんとした違いがあるなんて知りませんでした。

おみせでは、おはぎで統一されていたりもしますが、違いが分かるとより一層美味しく食べられそうですね。

準備などもありますし、今年のお彼岸は気持ちよくお墓参りができるよう、参考にしていただければと思います。

 

スポンサードリンク