この記事の所要時間: 655

7月7日は1年に1度、織姫と彦星が出会う事が出来る七夕です。

そんな七夕に欠かせないものといえば、笹に飾る、七夕飾りと短冊なのではないでしょうか。

子どもの頃は、よく短冊にお願いごとを書いて、笹に飾っていりました。

現在の様に、笹に折り紙で作った七夕飾りや、短冊を結びつける風習が始まったのは、江戸時代からになります。 天の神様への目印として、前日の6日の夜から笹竹を立てて、 無病息災や、商売繁盛といった事を象徴する色紙の飾り物や、願い事を書いた短冊を吊るしていたのです。

そんな七夕飾りには、それぞれに意味があるのをご存知でしたか。

今回は、七夕飾りの意味や、お子さんと一緒に作れる飾りについてまとめてみたいと思います。

 

スポンサードリンク

七夕の飾りの意味とは?由来は?

ちょうちんかざりには、願い事を書いた短冊を明るく照らすという意味が込められております。

白の折り紙で筒を作って、それより少し大きめに用意した黄色の折り紙を使って、 上下の端をのりで付けてちょうちんを作るのですが、子どもが作るとなると、意外と難しいんですよね。

 

 

そして、ねじりあみには、海で魚が沢山採れて、また、作物がよく実りますようにという意味が込められております。

折り紙を縦に2回折ってから、左右入れ違いにはさみで切れ目を入れていく、子どもが大好きな折り紙ですよね。

しかし、子供が作るとなると、切込みが浅かったり、切りすぎて紙を切り落としてしまったり…といった失敗もあります。

それも家族で七夕飾りを作ったいい思い出になりますよね。

 

 

 

紙ごろもには、裁縫や機織が上達しますようにという意味が込められております。

これは、織姫が裁縫や機織の得意だったことから、手先が器用になるように、という意味の飾りが多いんでしょうね。 

 

何故、笹の葉に着物をつけるんだろう、と思う人もいるのではないかと思いますが、実際にはこういった意味が込められていたんですね。

 

 

他にも、織姫星の機を織る糸にみたてた、星のふきながしや、主役である、織姫と彦星も七夕飾りで作りますよね。

七夕の季節になりますと、折り紙のキットなどで、作り方が載っていて簡単に七夕飾りを作る事が出来るでしょう。

しかし、一つ一つの意味が解ると、より深く飾りを作る事が出来ますね。

自分の子どもと一緒に七夕飾りを作りながら、一つ一つ丁寧に意味を教えてあげるのも、 親子の絆が深まって良いでしょう。

是非、今年の七夕は、折り紙で七夕飾りを作りましょう。

 

167533

 

飾りの意味を子供に解説する時はなんて言えばいい?

七夕飾りには、それぞれ沢山の意味が込められているのですが、それを子供に説明すると「じゃあ、あれは何て意味?これは?」と質問攻めにあうこと間違いなし。

ですが、お子さんに「これはお裁縫や機織りが上手になるんだよ」「これは作物がよく実りますようにという意味だよ」と言っても、お子さんにとってはちんぷんかんぷんですよね。

 

いくらわかりやすくと言っても限度がありますし、お子さんにとってはお裁縫はともかく機織りなんて出来なくてもいい!と言われてしまいそうです。

ですので、子供にもわかりやすく七夕飾りの意味を説明してあげる必要があります。

 

スポンサードリンク

 

そんなときは、七夕のお願いに絡めて教えてあげるのはいかがでしょうか。

 

例えば、子供がケーキ屋さんになりたいというお願い事をしていたとすると、

「ケーキ屋さんは、ケーキを上手に作れないといけないよね。じゃあ、物を作るのが上手になるこれを作ろう」という風に、お願いがより叶いやすくなるんだよと教えてあげるのはいかがでしょう。

 

自分のお願い事にかかわる飾りなら、お子さんもますます張り切って飾りを作ってくれるのではないでしょうか。

 

 

316749

 

七夕の飾りを飾るのはいつからいつまで?

最近では、お店などの季節の行事の飾りつけはかなり早くからやっていますよね。

クリスマスなんかですと、早い所では11月ごろから飾ってあって早くもクリスマスの雰囲気を感じることが出来ます。

 

では、家庭などでの七夕飾りはいつ頃から飾っていいんでしょうか?

元々、七夕は棚機女(たなばたつめ)という風習が元になっています。

これは、七夕に水の神が天から降りてくるため、棚機女と呼ばれる女性が神にささげる着物を織る、という風習です。

 

また、織姫と彦星の伝説は中国の物で、この棚機女の風習と中国の伝説が合わさって、現在の七夕のお話しになりました。

この棚機女の風習ですが、7月6日の夜に着物を織り7月7日に神にささげる、というものです。

 

ですから、七夕飾りも7月6日に飾り、7月7日に片付ける、というのが正しいようですね。

せっかく作った飾りなのにもったいないですが、遅くても8日には片付けるようにしましょう。

 

片付けた後の七夕の飾りですが、処分はどうしたらいいのでしょうか?

なんとなくゴミに出すのは気が引けますよね…

 

調べてみたところ、近くの神社でお焚き上げのできるところがあれば、お焚き上げをお願いすると良いようです。

神社によっては、まとめてお焚き上げをしてくれる神社、有料の神社と様々ですので、近くの神社に問い合わせてみてくださいね。

 

また、近所の神社でお焚き上げをしていない場合、飾りは白い紙に包んで可燃ごみに出してもいいようです。

笹なんかは処分に困ることもありますが、こちらは各地方自治体の処分方法に従ってくださいね。

181303

 

幼稚園で作れる七夕飾りは?作り方は?

上手く作れる・作れないにしても、七夕飾りを作るとなると、子供は大喜びですよね。

小学生位ですと、難しい飾りもなんとか作れますが、幼稚園位のお子さんには難しいものも多いですよね。

 

そこで、幼稚園のお子さんでも簡単に作れる七夕飾りを紹介したいと思います。

 

 

こちらは、親御さんが星の形を書いてあげれば、お子さんがそれに沿って切って貼るだけという簡単な物です。

簡単ですが、星が連なって綺麗ですし、見栄えもいいですね。

 

 

こちらは基本のわっかつづりです。

長方形に切った折り紙を輪にしてつなげていくだけですので、お子さんにも簡単に楽しめますね。

 

柄入りの折り紙や、色違いなど沢山のバリエーションがあり、壁に飾るなど楽しみ方も様々です。

 

 

七夕飾りでは定番の提灯です。

こちらも、折り紙を長方形に折ってから、切り込みを入れていくだけの簡単な物になっています。

 

お子さんにホチキスは危ないな、と思われる方は、糊付けで作ってみてくださいね。

 

 

こちらは貝の飾りです。

難しそうに見えますが、作り方は途中までちょうちんと同じです。

 

長方形におり、切込みを入れるところまでは同じですが、そのあと対角線に糊付けすると貝の飾りになります。

こちらもわっかつづりと同じく壁に飾っても素敵ですね。

 

 

こちらはふきながしの作り方です。

折っていくのは簡単ですが、最後の細く切り込みを入れる部分が難しいかもしれません。

 

不安なようでしたら、親御さんが線を引いてあげるのもいいかもしれませんね。

まとめ

いかがだったでしょうか。

日本の行事の七夕ですが、織姫と彦星の伝説は元々中国の物だったなんて調べてビックリしました。

 

七夕飾りにも沢山の意味があり、小さなお子さんには理解できなくても大きくなってから意味を教えてもらったな、といい思い出になりそうですね。

今年の七夕は是非親子で飾りつけを楽しんでみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク