この記事の所要時間: 330

もうすぐ入学シーズンです。

お子さんの入学の際、入学祝いを頂くことがありますよね?

お祝いを頂いた後、悩んでしまうことが多いのがお返しです。どんな品物がお返しに向いているのでしょうか?

喜ばれるもの、と言っても思い当たらない…という方は、貰って嬉しくないもの・不向きな物を知っておけば、選ぶ幅が広がりますよね。

そこで今回は

◆ 入学祝いのお返し、いつまでに送ったらいいの?

◆ 親・義両親が貰うと嬉しい贈り物は何?

◆ 兄弟・親戚が貰うと嬉しい贈り物

◆ お返しに向かないものってあるの?貰ってもあまり嬉しくないもの

 

についてまとめてみたいと思います。

 

スポンサードリンク

 

入学祝いのお返し、いつまでに送ったらいいの?

入学祝いを頂いた後、気になるのは「お返しの期限はあるのかな?」ということではないでしょうか?

期限があるなら、あまり遅くなっては失礼ですよね。

調べてみたところ、宅配などの場合は、3日以内にまず電話でお礼を言うのが一般的なようです。その場合、お子さん自身にお礼の電話をさせましょう。

お返しの品物を送る場合ですが、大体頂いてから1か月以内が良いようです。

贈ったことも忘れたころに届く、というのは失礼だと感じる方が多いようですね。

入学祝いを頂くのは4月頃の事が多いと思いますので、5月頃にはお返しができるように準備しておく必要があります。

 

oyako

 

 親・義両親が貰うと嬉しい贈り物は何?

ご両親に頂いた入学祝いのお返しには、どんなものが人気なのでしょうか?

ダントツだったのが、お子さんのお手紙・写真や動画でした。

頂き物がランドセルやお洋服など身に着ける物だった場合、それを着用しての写真や動画ですとより嬉しい!という声が多かったです。

 

スポンサードリンク

 

動画ですと、お子さんからお礼の言葉もいれられますし、携帯などでも見られるような動画を贈るのがおすすめです。

また、お子さんからのお手紙は成長の記録としても残しておけますし、こちらも喜ばれるようですね。

ご両親ですと、品物より孫との思い出派が多いのかもしれません。

 

onna

 

兄弟・親戚が貰うと嬉しい贈り物

贈り物として人気があるのは、

  • カタログギフト
  • 洗剤などの日用品
  • お菓子などの食べ物
  • 地域の特産品

などのようです。

特に、カタログギフトは好きな物を選べますので、贈られる側も嬉しいようです。

最近は金額別にも色々なものがありますし、金額に合わせて贈ることができて便利なようですよ。

私も、欲しかったフードプロセッサーを頂けたので、とても嬉しかった思い出があります。

「欲しいけれど、自分で買うのは…」というような品物を贈れる点でお勧めですね。

また、遠方の親戚の方ですと、地域の特産品などが喜ばれる傾向にあるようです。

確かに、あまり行かない地域の美味しい物を頂けると嬉しいですよね。

その場合、出来るだけ日持ちがするものを選ぶのがお勧めですよ。

 

gifuto

 

お返しに向かないものってあるの?貰ってもあまり嬉しくないもの

逆に、お返しに向かないものってあるのでしょうか?

一番声が多かったものが、「特定のお店でしか使えない商品券」でした。

「このお店はあまり使わない」「お礼をそのまま返されたようで、良い気分ではなかった」とネガティブな意見が多く聞かれました。

お祝いには現金や商品券が喜ばれるようですが、お返しでの商品券などには「お礼をそのまま返された」と感じる方もいるようです。

お祝いを下さる方は目上の方も多いでしょうし、あまり現金や商品券は向かないようですね。

また、マナーとしては下着類や履物などは、「相手がお金に困っている」という意味での贈り物になってしまうので避けた方が無難でしょう。

意味を知らない方もいるかもしれませんが、知っている側からすると「失礼だな」と感じられるかもしれません。

 

ojisan

 

まとめ

お返しにも色々とマナーがあるので、選ぶ際には注意が必要なようです。

品物などではなく、近所の親戚が多い場合はお披露目として食事会をする場合もあるようですね。

また、中にはお返しをしない地域や、お返しの相場が決まっているなどの場合もありますので、お返しをする際は周囲の方に確認して、参考にするのが良いかもしれません。

 

スポンサードリンク