この記事の所要時間: 327

おはぎとぼたもち、どちらがお好きですか?難しい質問ですね。「そもそも、どっちがおはぎで、どっちがぼたもちだっけ?」「おはぎとぼたもちってどう違うの?」と、はたと疑問にぶつかる方も多いでしょう。ここでは、おはぎとぼたもちの違いに悩める方のために、

・おはぎとぼたもちは何が違うの?あんころもちって何?
・おはぎと食べる季節、ぼたもちの由来
・夜船と北窓って何?
・まとめ

の項目にまとめてご紹介します。これを機にぜひ、おはぎとぼたもちの違いを確認してくださいね。

 

スポンサードリンク

 

おはぎとぼたもちは何が違うの?あんころもちって何?

 

was0015-049

 

最初に種明かしをしちゃいます。おはぎとぼたもち、実は基本的に同じ食べ物、あんころもちです。

同じあんころもちを、季節や大きさ、材料によって、あるときは「おはぎ」と呼び、あるときは「ぼたもち」と呼ぶわけです。

たとえば、秋に作れば「おはぎ」春に作れば「ぼたもち」です。また、あんころもちを心もち小さめに作れば「おはぎ」大きめに作れば「ぼたもち」です。

さらに、つぶあんで作れば「おはぎ」こしあんで作れば「ぼたもち」です。ややこしいですよね。でも、これは、おはぎとぼたもち、それぞれの名前の由来を見れば、なるほどと納得できるはずです。

ちなみに、あんころもちとは「餡衣餅(あんころももち)」が転じた言葉で、外側を餡で包んだ餅のことです。

 

おはぎと食べる季節、ぼたもちの由来

では、おはぎとぼたもち、それぞれの名前の由来を説明します。

まずはおはぎから。おはぎは、漢字で書くと「御萩」、秋の彼岸頃に咲く萩の花が咲き乱れる様に似ていることから付いた名です。 

〈萩の花〉

a1380_001413

同じように、ぼたもちは、「牡丹餅」、こちらは春の彼岸頃に咲く牡丹に似ていることから付いた名です。

〈牡丹の花〉

47b1a78376eef031368e6edf8acabf1a_s

なので、同じあんころもちですが、秋に作れば「おはぎ」、春に作れば「ぼたもち」と呼ばれるわけです。

ちなみに、大きさによる呼び名の違いは、萩と牡丹、それぞれの花の大きさに由来しています。

 

スポンサードリンク

 

さらに、つぶあん・こしあんによる呼び名の使いわけは、餡の原料となる小豆の収穫シーズンがポイントになります。

小豆は秋に収穫します。秋に作るおはぎには収穫したての皮の柔らかい小豆を使えることから「つぶあん」を、春に作るぼたもちには、冬を越して皮がかたくなった小豆を「こしあん」にして使うのです。

そのため、自然とおはぎはつぶあんで、ぼたもちはこしあんで作るようになり、いつの間にか、つぶあんで作ったらおはぎ、こしあんで作ったらぼたもちという逆転の発想で呼び名の使いわけが行われるようになったのです。

 

【関連記事】

関東と関西の桜餅の違い。柏餅との堺。ワッフルやクレープとの相性

 

夜船と北窓って何?

 

N853_madobenookamisan

 

おはぎ(ぼたもち)を「夜船」や「北窓」と呼ぶこともありますが、これらの名前の由来はだじゃれ・言葉遊びです。

おはぎ(ぼたもち)は杵で搗かずに作る餅です。そのため、作るときに搗く音がしません。いつ搗いたか分からない、つまり「搗き知らず」ということです。

夜は暗くて船がいつ着いたかわからないことから「着き知らず」、それと「搗き知らず」を掛けて、おはぎ(ぼたもち)を「夜船」と呼ぶようになりました。

同じように北向きの窓からは月が見えません。「月知らず」、それと「搗き知らず」を掛けて、おはぎ(ぼたもち)を「北窓」と呼ぶようになりました。寒いですねえ。

でも、日本人は昔からこのようなだじゃれ、もとい、言葉遊びが大好きな民族なのです。

 

まとめ

以上が、おはぎとぼたもちの違いや夜船と北窓の名前の由来についてです。

あんころもち一つに色々な呼び名があるのは、それだけ日本人には昔から四季や言葉遊びを楽しむ情緒があったということなのでしょう。

そう考えると、今を生きる私たちも「あんころもち」や「おはぎ」一言で片づけず、季節に合った呼び名を選びたいものですよね。

ただ、上記の呼び名や呼び名の使いわけはほんの一例です。地域によって呼び名や呼び名の使いわけには違いがあるので、気を付けてくださいね。

 

スポンサードリンク