スポンサードリンク

この記事の所要時間: 24

東京都調布市に6月26日オープンするキユーピーマヨネーズの 「マヨテラス」は新しいコンセプトの工場見学施設として注目されています。

お子様が大好きなマヨネーズの新しいおいしさやどうやってマヨネーズが作られるのかなど、 楽しみながら学べる食育施設といっても良いでしょう。

スポンサードリンク

キューピーの由来 

野菜嫌いのお子様の救世主であるマヨネーズ。

マヨネーズさえつければ何でも食べられるという方は大人にもいらっしゃいます。

もともとマヨネーズソースはフランス発祥で、日本で初めて発売したのがキユーピー社です。

余談ですが、TVCMやラジオなどの放送でも「キューピー」と発音されますが、 キユーピーと表記するのが正しい社名です。

 

マヨネーズの工場見学は日本初

マヨネーズについて知ってもらおうという取り組みは 以前からキユーピーの工場見学で行われていましたが、 こうしたマヨネーズのコンセプトミュージアムは日本で初めてです。

普段野菜が嫌いなお子様が野菜をもっと好きになれる「キユーピーキッチン」や 小学校一クラスぶんのお子様なら楽に入れる巨大なボトルを模した「マヨネーズドーム」 実際に商品を作っているところを見ることができる「ファクトリーウォーク」など、 大人でも充分楽しめる工場見学が自慢です。

 

 

マヨテラスの見学方法。割引を受けるには?

団体でも個人でも来場は可能で入館料は無料ですが、見学は原則として完全予約制になっています。

公式サイトからインターネット予約か電話予約で申し込んでおきましょう。

割引は団体、年パス関係なく用意されていません。

 

マヨテラスへの電車でのアクセス。車で行く際の駐車場はどこ?

マヨテラスへのアクセスは、京王線仙川駅から徒歩七分、駐車場がないのでお車では国道20号線沿いのコインパーキングに停めることになります。

 

マヨテラスを見るのにかかる所有時間は?

付近では08:00から22:00のあいだ15分100円程度が相場になっていますが、 オープン後はどこも満車になってしまう可能性がありますし、 マヨテラスの1クール90分間ゆっくり見学を楽しめるよう、公共交通機関での来場がオススメです。

お子様が夏休みの自由研究などでご利用の場合は混雑が予想されますから、 見学予約は6月中にお早く済ませておいたほうが安心です。

 

スポンサードリンク