この記事の所要時間: 359

大阪の桜の名所といえば、「造幣局の通り抜け」ですよね。

造幣局では、桜の開花時期に合わせて敷地しています。造幣局の通り抜けの開催日程は、例年4月10日前後から1週間です。

2015年は4月9日~4月15日の日程で開催されました。2016年もほぼ同じ日程で開催されるでしょう。

ここでは、造幣局の通り抜けを楽しみにしている方、また、初めて訪れる方のために、造幣局の通り抜けについて、

・造幣局桜の通り抜け時間はいつからいつまで?
・造幣局桜の通り抜けアクセス方法は?駐車場や電車で行く場合の最寄り駅は?
・造幣局桜の通り抜けに屋台は出店あり?周辺に食事をする場所はあるの?
・記念メダルは毎年発売されるの?2016年度は?
・まとめ

 

の項目に分けてご紹介します。

大阪の春といえば、造幣局の通り抜け!この春はぜひ、造幣局の桜を楽しんでくださいね。

 

スポンサードリンク

 

造幣局桜の通り抜け時間はいつからいつまで?

 

_shared_img_thumb_NAT78_awaisakuratoaozora_TP_V

 

造幣局の桜の通り抜け時間は、平日10時~21時、土日9時~21時までです。また、ライトアップは、通り抜け期間の間、毎日日没後~行われます。

造幣局の通り抜け時間や、造幣局の通り抜け開催日程については、造幣局のホームページで確認してください。

造幣局のホームページ:
http://www.mint.go.jp/enjoy/toorinuke/sakura-osaka.html

 

ちなみに、造幣局のライトアップはこんな感じです。

 

 

関連記事

2016花見山公園の桜見頃はいつ?開花時間や駐車場料金。宿泊場所

 

造幣局桜の通り抜けアクセス方法は?駐車場や電車で行く場合の最寄り駅は?

 

_shared_img_thumb_PAK_aoiyozakura15201751_TP_V

 

造幣局周辺には駐車場はありません。また桜の通り抜け期間は交通規制も敷かれるので、車は控え、電車などの公共交通機関を利用しましょう。

 

スポンサードリンク

 

造幣局桜の通り抜けは一方通行で、逆走不可なので、通り抜けの入り口に近い駅を利用します。

地下鉄谷町線、京阪本線を利用する場合は天満橋駅で下車します。京阪東口・2号出口を出て、造幣局までは徒歩15分です。JR東西線を利用する場合は、大阪城北詰駅で下車、3号出口を出て、造幣局までは徒歩15分です。

どちらの駅を利用するにしても、少し歩かなければなりませんが、通り抜け期間中は多くの花見客が造幣局に向かって歩いていますので、迷うことはありません。

 

造幣局桜の通り抜けに屋台は出店あり?周辺に食事をする場所はあるの?

 

_shared_img_thumb_sdfasdff_TP_V(1)

 

造幣局内は、宴会はもちろん飲食も禁止です。ただ、通り抜け期間中、造幣局周辺には屋台が立ち並び、さながらお祭りのようなにぎわいになります。

屋台では、たこ焼きやお好み焼きなど大阪らしい食べ物をはじめ、焼き鳥やフライドポテトなどの定番ものもありますよ。

造幣局の通り抜けで桜を満喫した後は、屋台でお腹も満腹にするのがおすすめです。

造幣局の屋台はこんな感じです。

 

 

 

記念メダルは毎年発売されるの?2016年度は?

 

1

 

造幣局桜の通り抜けでは、毎年、記念メダルが販売されます。

記念メダルは、純金製の金メダル、純銀製の銀メダル、丹銅製の銅メダルの3種類。特に金メダルは財産としても価値があるため、資産として購入する方も多いです。

また、この記念メダル、毎年デザインが変更されるため、コレクションとしても人気です。造幣局桜の通り抜けを訪れる際には、ぜひ、記念メダルの購入も検討してみてください。

ただ、金メダルは1つ676000円、銀メダルは20000円、銅メダルでも1つ5300円。お守りやキーホルダーなどのお土産感覚で購入することはできませんね。

何か記念となるお土産を購入したい方には、桜の通り抜け硬貨セットがおすすめです。

1円玉~500円玉、6種類の未使用硬貨がセットになっており、毎年デザインが変更されるカバーケースに入っています。

こちらは1セット1850円、記念メダルに比べると、買い求めやすいですよ。

 

まとめ

以上が、造幣局の通り抜けについてでした。

造幣局の通り抜けの開催日程は、例年3月中旬頃に決定します。なので、造幣局の通り抜けを訪れる方は、この頃に造幣局のホームページを確認してください。

また、記念メダルや記念硬貨は毎年売り切れ必至の人気グッズです。どうしても手に入れたい方は、お早めに造幣局を訪れて買い求めてくださいね。

記念メダルや記念硬貨は通信販売でも購入することができますが、こちらもすぐに売り切れてしまうので、確実なのは造幣局に行って買うことです。

 

スポンサードリンク