この記事の所要時間: 41

東京大神宮は、縁結びのパワースポットとして人気です。東京大神宮を参拝して、よいご縁に恵まれたいという方も多いでしょう。

せっかく東京大神宮を訪れるのであれば、東京大神宮のお守りや御朱印も手に入れたいですよね。

ここでは、東京大神宮を参拝する方のために、東京大神宮のお守りやアクセス、御朱印についての情報を、

・東京大神宮のお守りで人気があるものは?つける場所や効果は?
・お守りの種類は?通販で売ってる?
・東京大神宮へのアクセスは?飯田橋駅からの徒歩ルートは?車で行く際の駐車場はどこがおすすめ?
・御朱印を貰える時間は何時から何時まで?
・まとめ

 

の項目に分けてご紹介します。

今年は、東京大神宮を参拝して、よいご縁を引き寄せましょう。

 

スポンサードリンク

 

東京大神宮のお守りで人気があるものは?つける場所や効果は?

東京大神宮のお守りで一番人気なのは「鈴蘭守り」です。縁結びのお守りで、「幸運が訪れる」という花言葉をもつ純白の鈴蘭の花をかたどったお守りです。

 

han0232-049

 

鈴蘭守りに限らずお守りは、あまり他人に見せないように持ち歩いた方がよいと言われていますよね。

鈴蘭守り、かわいいからつい友達に見せたくなりますが、そこはぐっと我慢。

鈴蘭守りはポーチやお財布の中など、他人に見られない、且つ、毎日持ち歩くものに入れていつも身につけておくのがおすすめです。

鈴蘭守りの効果は、「縁結び」です。お守りの社紋が取れるのが、お守りの効力が発揮されたしるし。

そのとき、あなたのすぐ近くにいる方が運命の相手かもしれませんね。

 

お守りの種類は?通販で売ってる?

 

1

 

東京大神宮のお守りには、縁結びの他、交通安全・学業成就・厄除け開運など、一通りのお守りがそろっています。

ちょっと変わったお守りでは、「結び札」があります。これは恋愛成就の木札のお守りです。

結び札は真ん中から2つに割ります。一片は神様とのご縁を深めるために奉納し、もう一片を自分で持ちます。

 

スポンサードリンク

 

また、東京大神宮にはみんな大好き「キティちゃん」のお守りもありますよ。

東京大神宮のお守りの種類や効果については、東京大神宮のホームページに詳しく載っています。

東京大神宮のお守り:
http://www.tokyodaijingu.or.jp/ofuda_omamori/index.html

 

東京大神宮のお守りは、通販では売っていません。なので、手に入れたい方は、東京大神宮を参拝してください。

 

関連記事

五條天神社お守りの種類や販売時間。御朱印を貰える場所。ご利益は?

 

東京大神宮へのアクセスは?飯田橋駅からの徒歩ルートは?車で行く際の駐車場はどこがおすすめ?

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

東京大神宮へはJR中央線・総武線を利用します。

「飯田橋駅」西口/B2a出口を出たら左へ、牛込橋を渡り直進します。2つ目の十字路を左折、道なりに行くと東京大神宮に到着します。

東京大神宮まで徒歩3分です。

東京メトロ東西線・都営地下鉄大江戸線を利用するときはA4出口を出て直進、「Y!mobile」の店舗を右折、2つ目の十字路を左折します。そのまま道なりに進むと、東京大神宮につきます。

徒歩で約5分です。

東京大神宮には駐車場はありません。自家用車の方は東京大神宮周辺の民間駐車場を利用してください。

東京大神宮周辺には民間駐車場がけっこうあるので、初詣ではない限り、駐車場に困ることはないでしょう。

民間駐車場の駐車料金は20分200円~300円です。

東京大神宮への詳しいアクセス方法については、東京大神宮のホームページで確認してください。

東京大神宮交通案内:
http://www.tokyodaijingu.or.jp/koutsuu/index.html

 

御朱印を貰える時間は何時から何時まで?

 

_shared_img_thumb_TSU86_jinjyadetemizusurujyosei_TP_V

 

東京大神宮の御朱印授与時間は8時~19時です。お守りもこの時間に購入することができます。

御朱印をもらうときには、志として300円以上を納めましょう。

また、東京大神宮では御朱印帳も購入することができます。御朱印帳は1冊800円です。

東京大神宮の近隣の神社の御朱印帳の相場が1500円ほどなので、東京大神宮の御朱印帳は他に比べて割安ですね。

これから御朱印デビューをするという方は、東京大神宮で御朱印帳を買い求めるのがおすすめです。

 

まとめ

以上が、東京大神宮のお守りや御朱印、東京大神宮へのアクセスについてでした。東京大神宮を参拝するときの参考にしてください。

また、東京大神宮ではお守りや御朱印が人気なので、参拝したら絶対手に入れたいという方も多いでしょう。

ただ、神社へ参拝するときは、本殿に参拝するのが先。本殿に参拝してから、お守りや御朱印を買い求めるようにしてくださいね。

 

スポンサードリンク