この記事の所要時間: 431

エゴマ油がいいらしい」という話は聞いたことがあるけれど、実際にどんな効果があるかよく知らないという方へ。

ここ数年、食用油の安全性や体に与える影響が問題となっていますね。

というととにかくカロリーが高い太るもの、などなんとなく体に良くないイメージかもしれませんが、そもそも脂質はからだの三大栄養素のうちのひとつ。

もちろん摂りすぎは禁物ですが、必要な油脂を選び適度に摂取するのはとても重要なことなんです。

そんな中で健康にはもちろん、美容面でも優れた効果を発揮すると女性を中心に注目を集めているのがこの「エゴマ油」です。

そこで今回は、

・エゴマ油の効能は?栄養は?カロリーは?
・エゴマ油とごま油の違いは?オリーブオイルやココナッツオイルとの違いは?
・エゴマ油の食べ方は?そのまま食べたらまずい?
・エゴマ油が口にあわない時の対策法
・まとめ

これらについて調べてみました。

スポンサードリンク

 

エゴマ油の効能は?栄養は?カロリーは?

 エゴマは一年草のシソ科植物で、その種子から抽出して作ったのがエゴマ油です。

エゴマの種子にはαリノレン酸(オメガ3脂肪酸)という必須脂肪酸が豊富に含まれています

αリノレン酸は体内でDHA(ドコサヘキサエン酸)EPA(エイコサペタエン酸)に変換されることで、以下のようなからだに良い働きをしてくれます。

・血液をさらさらにする
・脳細胞を活性化する
・動脈硬化を予防する
・不整脈を予防する
・がん細胞の増殖を抑制する
・アトピーや花粉症などのアレルギーを抑制する
・うつ症状を緩和する
・ストレスを軽減させる
・老化を防ぐ(アンチエイジング)
・認知症(アルツハイマー)を予防する
・記憶力を高める
・視力低下を予防する
・肥満を予防する
・ニキビやシワをできにくくする

えぇ、こんなに?と驚くほど多くの優れた効果が期待できる必須脂肪酸αリノレン酸(オメガ3脂肪酸)。

しかし残念ながら現代人の食生活にはどうしても不足しがちな栄養成分です。

体内で合成することができないので、αリノレン酸を豊富に含む食べ物を意識して摂取することを心がける必要がありそうです。

気になるカロリーはというと、エゴマ油に限らず、植物油は1gあたり約9kcalです。

小さじスプーン1杯(4、5g)で約40kcalの摂取ということになります。

egoma1

エゴマ油とごま油の違いは?オリーブオイルやココナッツオイルとの違いは?

 他にもからだに良いとされている油がありますが、どんな違いがあるのか、その栄養主成分について見てみましょう。

 ごま油はごまの種子から抽出した油で、エゴマ油と名前は似ていますが、全く異なるものです。

ごま油の主成分はリノール酸オレイン酸です。

リノール酸(オメガ6脂肪酸)とは体内で作ることのできない必須脂肪酸のひとつで、おもに血中コレステロールを下げる働きがあります。

オレイン酸は体内で作ることのできる脂肪酸で、酸化しにくい特徴があり、悪玉コレステロールを減らす作用があると言われています。

 オリーブオイルはその約75%がオレイン酸で構成されています。

 ココナッツオイルの主成分は中鎖脂肪酸とよばれるもので、すばやくエネルギーに変換されるため体内に脂肪として蓄積しにくい特徴があります。

 

スポンサードリンク

 

このように一口に植物油といっても、構成成分やからだにもたらす効能はさまざまあります。

現代人の食生活は、エゴマ油などに含まれるαリノレン酸(オメガ3脂肪酸)が不足しがちで、逆にごま油の他さまざまな食品に含まれるリノール酸(オメガ6脂肪酸)は過剰摂取になる傾向があると言われています。

ですから脂肪酸バランスを考えながら摂取することが大切です。

egoma2

【関連記事】

健康によいとされる青魚 缶詰で食べてもその効果はあるの?

 

エゴマ油の食べ方は?そのまま食べたらまずい?

 αリノレン酸1日の推奨摂取量は2gなので、エゴマ油のみで摂取する場合、1日約5gを目安とします。

 ところでαリノレン酸には注意すべき性質がふたつあります。

それは非常に酸化しやすいということと、熱に弱いということです。

エゴマ油を使うときは、酸化予防のためにできるだけ早く使い切り、非加熱の調理方法で食べることをおすすめします

 食べ方としてはドレッシングの代わりにサラダにかけたり、バターの代わりに少量の塩と一緒にパンに塗ったりする方法があります。

味はくせが強すぎるというわけではありませんので、そのままスプーンですくって食べることもできますが、いわゆる油ですので人によっては口に合わないと感じることもあるようです。

egoma3

エゴマ油が口にあわない時の対策法

 非加熱の調理方法ではどうも口に合わない、続かないという方もいらっしゃるかもしれません。

そんなときはすでに出来上がった料理に最後にエゴマ油をふりかけて食べる方法がおすすめです。

たんぱく質と一緒に摂取するとさらに効果的なので、たとえば焼いた魚や蒸した肉、味噌汁などに最後に小さじ1杯のエゴマ油をかけてみて下さい

この程度の熱なら完全に壊れることはないので、そのまま食べるよりも美味しく続けやすいと思います。

egoma4

まとめ

 血流改善、ストレス軽減などからだと心のさまざまなトラブルに作用してくれる上、ダイエットやアンチエイジングなどの美容面でも女性にとって嬉しい効果をもたらしてくれる強い味方、エゴマ油

さまざまな料理に使えることも魅力のひとつですね。

あなたも今日からぜひ食生活に取り入れ、健康な毎日を過ごしてくださいね。

スポンサードリンク