この記事の所要時間: 323

この間、街中で気になる車を見かけました。

銀色と青色の目立つカラーもさることながら、なんと車体の上にレッドブルの大きな缶が乗っていたのです!

道路を走っていたのでまじまじと見ることは出来ませんでしたが、かなり目立っていました。

気になって調べてみたところ、レッドブルの宣伝カーのようで、中にはレッドブルガールと呼ばれるお姉さんが乗っているのだとか…

どんな宣伝をしているのか、もっと気になってきました!

そこで、今回は

・レッドブルの宣伝車で使われているメーカーは?車種は? ・レッドブルの味を自宅で再現は出来る?似ている味は何?成分は?
・レッドブルのカフェイン量は?たくさん飲んでも大丈夫?副作用は?
・まとめ

以上についてまとめてみたいと思います。

スポンサードリンク

 

レッドブルの宣伝車で使われているメーカーは?車種は?

こちらがレッドブルの宣伝カーの製作工程です。

オリジナルで作っているのではなく、どうやらBMW・ミニを改造して作られているようですね。

あの大きな缶が落っこちてこないか、ちょっと怖いような気もしますが…

缶の下部分が冷蔵庫で、400本以上レッドブルを収納できるのだとか。

そんなに大きな缶ではありませんが、意外と収納力がありますね。

宣伝で配っているので、すぐに無くなってしまったら困りますものね。

あの宣伝カーですが、イベントなどにも来てくれるようです。

レッドブル・ジャパン株式会社お客様相談室というところへ問い合わせるといいようですね。

車自体結構目立ちますし、個人でも呼べるのであればイベントのいい宣伝になりそうですが、費用などは分かりませんでした。

 redbull1

レッドブルの味を自宅で再現は出来る?似ている味は何?成分は?

レッドブルは独特の味ですが、ネット上では「ねるねるねるね」の味に似ている!という声もあるようです。

「ねるねるねるね」とオロナミンCなど、さまざまな組み合わせで再現を試みているようですね。

ですが、レッドブル本体が200円程度で購入できますので、あまり再現しても意味がないような…

レッドブルの成分としては、

○カフェイン

○アルギニン

○ビタミンB群

が含まれているようです。

 

スポンサードリンク

 

カフェインで目をさまし、アミノ酸を摂取、分解して利用する…という仕組みなのでしょうか?

カフェインの量としては、大体コーヒー1杯分ほどになるようです。

もっと沢山入っているイメージでしたが、あまり多すぎて眠れなくなっては困りますよね。

redbull2

レッドブルのカフェイン量は?たくさん飲んでも大丈夫?副作用は?

レッドブル、翼を授ける。というキャッチコピーが冗談では済まない、レッドブルをたくさん飲んで死亡した!という噂。本当なのでしょうか?

確かにカフェイン中毒という言葉を聞いたことがありますし、刺激物ですのであまり過剰摂取するのは体に良く無さそうですよね。

カフェインは医薬品としても販売されていますが、医薬品も量が過ぎれば害となってしまいます。

中毒量を調べたところ、体重1キロ当たり17mg程度のようで、しかも3時間での摂取量です。

レッドブルは100mlに32mgのカフェインが含まれています。

体重50キロの方での中毒量は2.7L程にもなり、お腹が張り裂けてしまいそうな量になります。

普通に摂取する分には問題ないということでしょう。

死亡した、という例も元々心臓に病気があった上でのことのようですが、持病がある方は飲みすぎに注意した方が無難ではないでしょうか。

 letter1

まとめ

仕事の疲れや、病気で元気になりたいときの栄養ドリンク。飲みやすくカロリーも摂取できるのでお手軽ですが、ちゃんと中毒量があるんですね。

ちょっとお財布の方がついていかないような量ですが、あまりにがぶがぶ飲みすぎると当分の過剰摂取も気になる所です。

【関連記事】

たんぽぽコーヒーの味はまずい?効果や副作用って?

 

あまり栄養ドリンクに頼りすぎることなく、十分な睡眠や栄養、休息を取って体調を整える方が体には優しいですよね。

とは言っても、忙しいときにはついつい頼ってしまうのですが…

スポンサードリンク