この記事の所要時間: 355

カツオは初カツオ戻りカツオといって1年のうち春と秋の2回旬を迎える魚です。

初カツオではあっさりとした味わいを、戻りカツオは脂がのっているのでこってりとした味わいを楽しむことができますよね。

カツオはマグロや鯛に比べれば手に届きやすい価格なので、「カツオだけは旬ごとに必ず食べている」という方も多いのでは?

また、カツオのたたきはおいしいだけじゃない!

栄養満点、ダイエットにもおすすめの魚なんですよ。

ここではカツオのたたきについて、

・かつおのたたきの栄養。カロリーは?食べるメリットは?
・かつおのたたきが取れる海はどこ?
・高知から通販をしてくれるお店
・かつおのたたきの食べ方、調理のコツ
・まとめ

の項目に分けてご紹介します。

スポンサードリンク

 

かつおのたたきの栄養。カロリーは?食べるメリットは?

katsuo1

かつお高たんぱく低脂質の魚です。

カロリーは100g当たり約114㎉、マグロ(トロ)では100g344㎉、サンマでは310㎉ですから、それと比べてもずいぶん低カロリーですよね。

さらに炙って油を落とすかつおのたたきではさらにカロリーを抑えることができ、脂質をとらず良質なタンパク質だけを摂取することができますよ。

さらにカツオに含まれるDHAEPAには血流をアップさせる働きあり、脳の活性化にも効果があるので認知症を予防できます。

ビタミン類やカリウム・亜鉛などのミネラルも豊富に含まれており、高血圧や動脈硬化の予防貧血改善にも有効ですよ。

 

かつおのたたきが取れる海はどこ?

katsuo2

カツオはマグロと同じ回遊魚

日本近海では、春に九州南部から黒潮にのって北上、秋、宮城県沖で親潮にぶつかるとそこでUターンし今度は南下します。

なので、かつおが取れる海は、季節によって南北に移動するわけです。

 

スポンサードリンク

 

漁獲量でいえば、静岡県舞阪港や千葉県銚子港などが多いですが、「おいしい」かつおとなると、高知県土佐清水のかつおが一番です。

全国的にも高知県のかつおのたたきが有名ですよね。

また、鰹節となるカツオは鹿児島県枕崎でとれます。

こちらは初カツオですので、脂質が少なくあっさりとしたカツオ。鰹節に向いたカツオなのですね。

【関連記事】
健康によいとされる青魚 缶詰で食べてもその効果はあるの?

 

高知から通販をしてくれるお店

katsuo3

かつおのたたきの本場高知から通販してくれるお店をご紹介します。

おすすめは「明神水産の一本釣り藁焼き鰹たたき」です。

高知のかつおのたたきの特徴といえば、何と言っても藁で一気に焼き上げることですよね。

そうして出来上がったかつおのたたきには、藁の香りがしっかりついています。

こちらのお店では、かつおだけではなく、その藁にもこだわっています。

輸入ものはおろか県外の藁は一切使わず、高知県でできた藁のみを使っているのです。

なので、正真正銘本場高知のかつおのたたきを食べられるというわけ。

明神水産のかつおのたたきは3kg(10~12節)で9,936円です。

明神水産のかつおのたたきはこちらでお買い求めできます。

明神水産:http://item.rakuten.co.jp/myojinsuisan/kt-2/

 

かつおのたたきの食べ方、調理のコツ

katsuo4

通販のかつおのたたきは冷凍で届きます。

届いたかつおのたたきはとりあえず冷凍庫へ、食べるときに解凍しましょう。

かつおのたたきは上手に解凍することでおいしく食べることができます。

上手な解凍方法は冷蔵庫!冷凍庫から冷蔵庫に下ろしたら、ゆっくり時間をかけて解凍してください。

食べる前日の夜に冷蔵庫に下ろしておくと、翌日ちょうどよい解凍具合になっていますよ。

解凍したかつおのたたきをパックから出したら、まずはクッキングペーパーなどで、かつおのたたきの表面をさっと拭き、臭みをとりましょう。

かつおのたたきは厚めに切るのが本場土佐流

なので、1.5~2cmの厚さを目安に切ってくださいね。

最後にネギおろした生姜などの薬味をトッピング、ポン酢に付けて召し上がってください

かつおの旬はちょうど、新玉ねぎの季節でもあります。

薄くスライスした新玉ねぎとかつおのたたきの組み合わせは最高ですよ。ぜひお試しあれ。

【関連記事】
2016年北海道新たまねぎが登場する時期、旬の食べごろはいつから?

 

まとめ

以上がカツオのたたきのおすすめのお店や食べ方、栄養についてでした。

カツオのたたき栄養満点でしかも値段も高くありません

カツオの旬がきたら、ぜひ一度はカツオのたたきを楽しんでください。

一度に食べきれなかったカツオのたたきは節のまま、サランラップできっちり包み、チルド室で保存しましょう。

切り口が空気に触れないことで、時間が経ってもおいしさをキープすることができますよ。

 

スポンサードリンク