この記事の所要時間: 332

色んな種類の物を少しずつ食べたい!

そんなわがままなお願いを聞いてくれる食べ放題形式のお店ですが、お店によってはブッフェビュッフェ、はたまたバイキングと書いてある所もありますよね。

これは一体なぜなのか疑問に思ったことはありませんか?

正しい使い方があるのでしたら、言葉は正しく使いたいものです。

そこで、今回は

・ブッフェとビュッフェ、バイキングとの違いって何?
・ブッフェとビュッフェの使い分け文例。
・ブッフェは英語?語源や意味。いつから日本で使われ始めたの?
・まとめ

以上についてまとめてみたいと思います。

スポンサードリンク

 

ブッフェとビュッフェ、バイキングとの違いって何?

調べてみたところ、バイキング和製英語の様です。

バイキング=海賊というイメージがありますので何か海賊に関係した由来があるのかな、と思っていましたが、関係ないようですね。

1958年帝国ホテル日本で初めての食べ放題のお店ができた際、お店の名前が「バイキング」だったことから、食べ放題形式をバイキングというようになったそうです。

元々、帝国ホテルの支配人がデンマークの食べ放題スタイルを経験して、それを日本に持ち込もうと思ったのだとか。

デンマークでは「スモーガスボード」と呼ばれていたのですが、舌を噛みそうな名前ですよね。

そのままだと馴染みにくいだろう。ということで、「バイキング」という名前に変えてレストランを開いたそうです。

ブッフェビュッフェについては、英語かフランス語か、という違いはありますが「食べ放題」という意味に違いはないようですね。

biking1

ブッフェとビュッフェの使い分け文例。

ブッフェとビュッフェ、綴りはどちらも「buffet」です。

英語とフランス語でブッフェ・ビュッフェと読むため、表記が異なっているんですね。

そのため、フランス料理食べ放題のお店などは、フランス語のビュッフェという表記をしている所が多いようです。

 

スポンサードリンク

 

そのため、どちらが正しい。というようなことはないようです。

また、ブッフェが多い地域やビュッフェが多い地域など、地域差もあるようで、沖縄などでは「バフェ」と言うこともあるようですよ。

biking2

ブッフェは英語?語源や意味。いつから日本で使われ始めたの?

先ほどお伝えした通り、ブッフェは英語での読み方です。

意味は、食べ放題ではあるのですが、詳しくは「置いてある料理をセルフサービスで取るスタイル」の様です。

元々、buffetというのはフランス語で「棚」という意味だったそうです。

Buffetに食べ物を置いて、セルフサービスで食事をするスタイルが流行したため、そのまま食べ方のスタイルの呼び方になったんですね。

正しい意味では、セルフサービスというようなニュアンスですが、日本でブッフェ・ビュッフェと表記してあるお店で、食べ放題では無い所はあまりないようです。

少なくとも、日本ではブッフェ=食べ放題と思って入っても良さそうですね。

ただし、英語では「All You Can Eat」という呼び方もされているため、食べ放題だと思ったら、間違いだった!ということも考えられますので注意してくださいね。

食べ放題形式を初めて採用したのは、帝国ホテルだとお伝えしましたが、そのバイキングという呼び方が、いつからブッフェと呼ばれるようになったのかは分かりませんでした。

バイキングが英語じゃない!と気づいた人が、英語ではブッフェと言いますよ、と直したのが広まったのかな、というのが私の予想です。

biking3

【関連記事】
吉野家のけんちん汁に入ってる具は何?自宅で作れる?

 

まとめ

日本では、食べ放題に3種類も表記があって少し紛らわしいですね。

最近では、ブッフェビュッフェと書いてある所が多くなっているように感じます。

日本語で食べ放題と書いてある所もありますね。

東京オリンピックに向けて、色々な部分が変えられるみたいですが、食べ放題の表記も統一!ということになるのでしょうか?

海外の方からですと、慣れ親しんだブッフェなどの表記の方が分かりやすいのかもしれません。

 

スポンサードリンク