この記事の所要時間: 357

 

葵祭は、平安貴族の装束で斎王代とともに京都御所から下鴨神社、そして上賀茂神社へと向かうお祭りです。

京都の三大祭りの一つであり、京都府民にとって大変重要なお祭りです。

また、祭り当日は、全国はもちろん海外からも多くの方が平安貴族姿の行列目当てに京都を訪れます。

ここでは、葵祭2016年について、

・葵祭2016年の日程は?何時から開始?
・行列のコースと観覧席の場所
・観覧席が販売されるのはいつから?購入場所は?申込方法は?料金は?
・市バスでのアクセスと当日の交通規制は?
・まとめ

の項目に分けてご紹介します。日本人ならぜひ一度は目にしたいお祭りです。

今年はぜひ足を運んでみてください。

また、行列をカメラにおさめたい方、シャッターチャンスを逃さないためには場所取りが何よりも大切!

行列観覧のオススメスポットもご紹介するので、ぜひ参考にしてください。

スポンサードリンク

 

葵祭2016年の日程は?何時から開始?

aoi1

2016年の葵祭は5月15日(日)、当日雨天の場合16日(月)に順延となります。

順延の場合は平日の開催となるので、行けなくなる方も多いでしょう。

5月15日が好天に恵まれることを祈りましょう。

葵祭といえば平安貴族の装束で行われる行列。行列の開始時間は午前10時30分です。

行列のコースと観覧席の場所

葵祭の行列は午前と午後の2回に分けて行われます。まず、午前の行列から。

京都御所午前10時30分に出発、行列は堺町御門→丸太町通(午前10時50分)→河原町通(午前11時)を通り、午前11時40分に下鴨神社に到着します。

午後の行列は、午後2時20分に社頭の義・出発後、行列は下鴨本通→洛北高校前(午後2時40分)→北大路通→北大路橋(午後2時55分)→賀茂川堤を通り、午後3時30分に上賀茂神社に到着します。

aoi2

行列を観覧するオススメスポットは、下鴨神社・糺の森の瀬見の小川越しにある馬場賀茂川沿い北大路橋から御園橋間です。

有料観覧席については次の項目でご紹介します。

 

スポンサードリンク

 

この2か所は無料で行列を観覧でき、且つ、写真撮影にも絶好のスポットです。

ただ、場所取りは気合を入れて!それぞれ行列の1時間半前には待機しておくとよいですよ。

また、観覧場所から行列までは少し距離があります。望遠レンズのついたカメラなどを用意しておきましょう。

観覧席が販売されるのはいつから?購入場所は?申込方法は?料金は?

葵祭には行列を見るための有料観覧席が販売されます。

有料観覧席ならば混雑を気にせずにゆっくりと見物や撮影をすることができますよ。

さらに、有料観覧席の場所は京都御苑と下鴨神社と、絶好の観覧スポットです。

特にカメラで行列を撮影したい方は有料観覧席をとっておくのがおすすめです。

aoi3

有料観覧席のお値段は1席2050円、行列の初めから終わりまでが約1時間ですから、1時間2050円といえば法外な料金ではありませんよね。

有料観覧席は各コンビニ、京都市観光協会、旅行会社などで購入することができます

購入方法など有料観覧席の詳細についてはこちらでご確認ください。

京都市観光協会葵祭:https://www.kyokanko.or.jp/aoi/kanran.html

京都御苑の葵祭行列の動画を貼っておきます。

市バスでのアクセスと当日の交通規制は?

葵祭当日は交通規制が敷かれます。

交通規制の時間帯は、上記の行列の時間と同じです。念のため、こちらにもう一度書いておきますね。

京都御所 出発(午前10時30分)堺町御門 → 丸太町通 → 河原町通 → 下鴨神社到着(11:40)

社頭の義出発(14:20)→下鴨本通 → 洛北高校前(14:40) → 北大路通 → 北大路橋(14:55) → 賀茂川堤 → 上賀茂神社到着(15:30)

この時間帯、行列の通る場所付近では交通規制が敷かれるので車の方はご注意ください。

また、祭りの間、会場付近は大変混み合います。

なので、葵祭には公共交通機関を利用するのがおすすめです。

京都御所へはJR京都駅から地下鉄烏丸線に乗り、今出川駅で下りてください。京都御所は駅からすぐです。

下鴨神社へは市バス205に乗車、下鴨神社前で下車してください。

上賀茂神社へは地下鉄烏丸線北大路駅から市バス北3に乗車御薗口町で下車してください。

aoi4

【関連記事】
京都祇園祭の山鉾にまつわる歴史とトリビア

 

まとめ

以上が、葵祭2016年の日程や観覧スポット、交通規制などについてでした。

初めて葵祭を訪れる方、また、今年こそはシャッターチャンスをものにしたい方、上記を参考に観覧場所を検討してくださいね。

また、祭りは雨天順延です。祭り当日晴れることを祈りつつ、できれば祭り翌日も予定を空けておきましょう。

スポンサードリンク