この記事の所要時間: 339

横浜港は、幕末の黒船来航をきっかけに1859年旧暦6月2日開港されました。

それを記念した横浜開港祭は2016年でなんと35回目を数えます。

また、横浜開港祭といえば花火!30分間で6000発もの花火が打ち上げられるほか、レーザー光線を使った演出もある横浜開港祭の花火は圧巻!一見の価値はありますよ。

ここでは、第35回横浜開港祭について、

・2016年の横浜開港祭はいつからいつまで?
・有料席の値段は?購入方法は?
・花火の穴場スポットはどこ?打ち上げは何時から?
・花火が見えるホテルはどこ?
・まとめ

の項目に分けてご紹介します。

初めて横浜開港祭に行く方、夏本番が来る前に一足先に花火を楽しみたい方、ぜひ参考にしてください。

スポンサードリンク

 

2016年の横浜開港祭はいつからいつまで?

2016年の横浜開港祭は6月1日(水)と2日(木)の2日間にかえて開催されます。

メインイベントである花火は、平日休日関係なく、毎年横浜港開港日である6月2日に打ち上げられます

2016年も6月2日(木)が花火の打ち上げ日です。小雨決行・荒天中止です。

ただ、打ち上げ時間には注意が必要、これまでは午後8時20分から30分間打ち上げられてきたのですが、2015年は1時間早まって午後7時20分から花火が開始されました。

2016年の打ち上げ時間がどちらになるかはまだ正式には発表されていません。

花火を見たい方は、正式発表を待ちホームページなどで確認しておきましょう

yokohamakou1

有料席の値段は?購入方法は?

yokohamakou2

横浜開港祭には花火を見るための有料席が用意されます。

有料席の料金や発売日については3月中に詳細が出るはずです。

発売日は例年、祭り2ヶ月前の4月なので、この頃を目安に詳細を確認してください。

 

スポンサードリンク

 

2016年の有料席の料金はまだ正式には発表されていませんが、参考までに2015年の料金を載せておきます。

・芝生席ペア 6000円
・メイン会場の椅子席ペア 9000円

有料席のチケットはチケットぴあで購入できます。

花火の穴場スポットはどこ?打ち上げは何時から?

花火の打ち上げ時間は上記の通り、午後8時20分から、もしくは午後7時20分からです。

花火は上記の有料席から見てもよいですが、30分で9000円はけっこうなお値段、なかなか手が出ませんよね。

花火は有料席でなくても見ることができるので、そちらから花火を楽しみましょう。

横浜開港祭の花火が見えるスポットといえば、有名なのは赤レンガ倉庫横浜駅東口の海辺の公園あたりですが、これらは毎年混雑します。

人混みを離れてゆっくり花火を楽しみたい方、小さなお子様連れの方は、少し花火は小さくなってしまいますが、人の少ない港の見える丘公園山下公園がおすすめです。

yokohamakou2

【関連記事】
横浜動物園に無料で入れる条件。バスでの行き方は?クーポンや年パス情報

 

花火が見えるホテルはどこ?

yokohamakou4

横浜開港祭の花火はホテルからも楽しむことができます。

横浜開港祭の花火が見えるホテルは、

・横浜ロイヤルパークホテル
・ヨコハマグランドインターコンチネンタルホテル
・横浜桜木町ワシントンホテル
・横浜ベイホテル東急

です。

これらのホテル、横浜開港祭当日の予約は激戦になりますので、予約開始日に予約をしておきましょう。

予約の際は、ホテルから花火を見たいことをきちんと伝えてくださいね

全ての部屋から花火が見れるわけではありませんので。

また、横浜開港祭の花火を横浜港のクルーズ船から見るのもおすすめ、ディナー付きの花火見物ツアーで大人のデートを楽しむのはいかがでしょうか。

こちらもぜひ、検討してみてください。

まとめ

以上が、2016年の横浜開港祭の日程や花火スポットなどについてでした。

横浜開港祭の花火は、どこの花火大会よりもいち早く花火を見ることができるために、大変人気のあるイベントです。

人手も大変多いので、花火を見たい方は、祭り当日早朝から場所取りをする・ホテルやツアーを予約しておくなど、それなりの準備と覚悟をもって行ってくださいね。

また、横浜開港祭の花火は小雨決行・荒天中止です。

ちょうど梅雨に入ろうかという時期なので、毎年天気が心配されます。

2016年、絶好の花火日和となるよう祈りつつ、最低限の雨具は用意しておくと安心ですよ。

とはいっても、大きな雨傘は周囲の迷惑になりますので、折りたたみ傘やさっと羽織ることができるレインコートなどがおすすめです。

スポンサードリンク