この記事の所要時間: 145

近頃はめっきりタクシーに乗っていないという方も多いかもしれませんが、 タクシー業界の隠語を知っていれば、時々車内で聞こえる無線の意味がわかって楽しめるのではないかと思います。

タクシーの運転手さんたちが考え出した、乗客にわからないようにする符号ですから わかっても「こういう意味ですよね」などとは言わないのが粋ですが、 いきなり「○○に幽霊がいた」などと言われるとびっくりしてしまいます。

スポンサードリンク

 

タクシー業界の人しか知らない言葉

主なタクシー会社では、渋滞情報や警察の取り締まりがある場所、 また運転中の車を回送にするときなどに隠語を使います。

回送のときはいわゆる言葉遊びとして 「○○号車これからワカメにします」などといわれます。

ワカメは海藻の代表格ですね。 酔っているお客さんを乗せて、トラブルになりそうな場合は 「○○号車、マルヨです」と無線で伝えています。

言われたときは気分が悪くなったり、喧嘩になったりしないよう気をつけましょう。

 

「オバケ」や「幽霊」という状態は会社や地域によって違うようですが、基本的にはいいお客さんのことで、遠距離だったり高速を使ったりと高額になる場合です。

めったに出会わないという意味で「幽霊」といわれます。

もちろんお客さんが乗っている間には使われませんが、 「○○号車、幽霊に会って○時まで戻れません」 という他のタクシーの無線が聞こえることもあるかもしれません。

地域によっては「一発」「飛ぶ」と言われる場合もあるそうです。

 

こんな面白い言葉もあった

大体、落語のようなセンスの言葉遊びが多いタクシー業界の隠語で個人的に気に入ったのが 「ネギ」と「○○付近で昆虫採集しています」です。

ネギは京都の九条ネギから転じて、苦情→九条→九条ネギ→ネギだそうです。

昆虫採集は信号無視の取締りのことですが、無視取り→虫取り→昆虫採集といわれるのは何だかおしゃれな気までしてきます。

 

ほかにもいろいろなタクシー業界の隠語がありますから、 ご家族やお知り合いに運転手さんがいれば話のタネにしてみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク