この記事の所要時間: 40

以前は海外旅行というと言葉の壁などがあり、金額的にも敷居の高いイメージでしたが、最近ではLCCなどの格安航空やリーズナブルなツアーなども増え、海外旅行に行かれる方も多いかと思います。

海外で食事やお土産などを購入したとき、必ずしも支払額ぴったりのお金があるとは限りませんよね。

海外では、残念ながらお釣りのごまかしをするお店などもあるようです。

多めのお金を出したりすると、気になるのはお釣りの事ですよね。

英語でお釣りを下さい、と言えたら無用なトラブルを回避できることもあります

私は英語がからっきし駄目なんですが、使える例文をいくつか覚えておく、メモしておくなどすれば海外でも安心できるかと思います。

そこで今回は、

・お釣り下さいは英語でなんて言えばいい?
・お釣りがいらない時は英語でなんと説明すればよい?
・会計をお願いしたい時になんて言えばいい?
・お釣りをチップにしたい時は英語でなんて言えばいい?
・まとめ

以上についてまとめてみたいと思います。

スポンサードリンク

 

お釣り下さいは英語でなんて言えばいい?

そもそも、お釣りというのは英語でなんというのでしょうか?

辞書を引いてみたところ、「change」という単語のようです。

changeといえば、動詞の「変える」などの意味に捉えてしまいがちですが、名詞では「小銭」や「つり銭」といった意味にもなります。

名古屋弁では両替するのを「ぜぜここわかす」と言うそうです。

「ぜぜこ(お金)」を「こわかす(壊す=両替)」という意味だそうですが、英語では小銭に変える、といったニュアンスなのでしょうか。

では、お釣り下さいというのは英語でなんといえばいいのでしょう?

単に「お釣りを下さい」と言うだけでしたらChange, please.(お釣り下さい)の一言で良いようです。

ですが、ちょっとぶっきらぼうな感じに聞こえませんか?

ここは日本人らしく、少し丁寧な言い方をしたいですよね。

そういうときは、Give me the chang, please.と言うようにしましょう。

どちらにせよ、pleaseはつけた方が無難ですね。

英語圏の方は何かを頼むときなどに、pleaseをつけるのがマナーとして躾けられていることが多いのだそうですよ。

change1

お釣りがいらない時は英語でなんと説明すればよい?

日本でも、タクシーに乗ったときなどに「お釣りはいりません」と残りをチップとして渡したりしますよね。

そういった例文はあるのでしょうか?

さすがチップが文化として根付いているだけあって、さまざまな言い回しがある様です。

今回は、お釣りを全てチップにする言い方を紹介します。

 

スポンサードリンク

 

お釣りを全て渡したい場合は、Keep the change.(お釣りはいいです。)と言うと、店員さんはチップとして受け取ってくれるようです。

また、より丁寧な言い方ですとI don’t need the change.(お釣りはいりません。)という風な言い回しになります。

change2

【関連記事】
お釣りを英語で説明する時はどう言えばいい?いらない時は?

 

会計をお願いしたい時になんて言えばいい?

レストランなどで食事をした際は、食後に料金を支払う場合が多いですよね。

場所によってはテーブルでお会計をする場合がありますが、従業員の方になんと言えばいいのでしょうか?

英語でお会計はbillcheckを使うようです。

特にイギリスではbill、アメリカではcheckを使うことが多いようですので、覚えておくといいかもしれません。

お会計をお願いすることきは、Can I have the bill? またはCheck, please?と言うとお会計をしてくれますよ。

change3

お釣りをチップにしたい時は英語でなんて言えばいい?

先ほどは、お釣りを全てチップにしたい場合の言い回しをお伝えしました。

では、お釣りの額が大きいとき、一部をチップにするにはどうしたらいいのでしょうか?

そんな時は、Please keep $○○.と言うとその分を引いたお釣りを貰うことができます。

ですが、相手が引き算をしなければいけませんよね。

混雑しているような場合ですと、相手に時間を取らせてしまうかもしれません。

そんなときは、Give me $○ back, please.(○ドル返してください)と言うと相手に残りをチップとして渡す、ということができます。

これなら相手に計算させずにすみますので、混んでいるときのお釣り間違いなどが無くなりますね。

change4

まとめ

チップの文化がある国へ行くと、どうやって渡せばいいのか分からず困ってしまいそうです。

そんな時、お釣りから渡すことができればスムーズにいきますよね。

最近では、学生の修学旅行でも海外に行くことがあるようですし、家族旅行などでも使えるよう、お子さんのいる家庭ではお子さんと一緒に練習してみてはいかがでしょうか?

 

スポンサードリンク