この記事の所要時間: 430

通勤や通学に便利な乗り物の自転車ですが、最近では自転車での事故が増えています

自転車事故の増加に伴って交通違反の罰則が強化されていますが、事故の看板をよく見かけせんか?

特に、歩行者と自転車の事故は自転車の過失割合が大きく、賠償金も多額になっています。

自分は安全運転だから大丈夫!と思っていても、事故はふとした拍子に起きてしまうものですよね。

事故が起きてしまった時のために、最善の対応を知っておきたいものです。

そこで、今回は

・自転車事故で歩行者に追突をしてしまった。事故を起こした時にやることは?警察は?保険会社は?
・示談をするときの過失割合はどうやって決めればいい?仲介は裁判所?警察で?
・まとめ

以上についてまとめてみたいと思います。

スポンサードリンク

 

自転車事故で歩行者に追突をしてしまった。事故を起こした時にやることは?警察は?保険会社は?

自転車に乗っていたら、歩行者にぶつかってしまった!

そんな経験はしたくないものですが、もし事故を起こしてしまったら…

初めにしなければいけないことは、歩行者に怪我がないかなどの確認です。

明らかに意識がない、呼吸や心臓が止まっている。というような状態であれば、速やかに心臓マッサージなどの一時救命や119番通報をしましょう。

問題なのは、相手が擦り傷だけ、というような軽傷の場合です。

相手が「大丈夫」と言っていたからといって、そのまま自転車に乗って目的地へ…ということは絶対にしないようにしましょう。

相手の方が、後から痛みがでてきたから病院に行く。後から重大な障害が残ってしまった…という場合もありますよね。

更には、後から警察に届けがされた場合、あなたがひき逃げ犯として捜査されてしまうのです。

ひき逃げとなってしまった場合、罪はぐっと重くなります。

そうならないためにも、事故が起こったら「その場で」警察を呼びましょう

大したことない、と楽観的な考えをするのは禁物です。

相手が「急いでいるから」と行ってしまった場合でも、連絡先の交換をしてからその場で警察を呼んでくださいね。

事故を起こしてしまったら、自分も相手も混乱してしまいます。

事故から時間が経てば経つほど事故の記憶があいまいになり、最悪の場合事故がどのあたりであったのかも分からなくなってしまう程です。

ですから、その場で現場検証などをして貰えるよう警察にはすぐに届けるようにしましょう

警察が来るまでに時間があるようでしたら、相手の持っている電子機器などに故障が無いかなども確認しておく必要があります。

後から荷物を見たら、スマホの画面が割れていた!ということもありますよ。

また、事故の場合は後からあの時言った、言わないなどの水掛け論が展開される場合があります。

そういった場合に備えてスマホ等で録画・録音しておくと、あとから揉めることが少なくなりますね。

最近では、自転車の保険も充実してきており、中にはコンビニから簡単に契約できるものも出てきています。

私も事故が怖いので自転車保険に加入していますが、保険に入っている場合はどうしたらいいのでしょうか?

事故が起こってしまった場合、できるだけ当日に保険会社に連絡するようにしましょう。

保険会社に連絡しないと、被害者の治療費などをこちらで肩代わりしなければなりません。

事故の場合、健康保険が使えませんので、レントゲンを撮って、受診して…というだけでもかなりの金額になってしまいます。

それをずっと払い続けるのは、経済的にもかなり負担が大きいですよね。

ですから、保険会社への連絡もできるだけ早めに行うようにしましょう。

事故が起こってしまった場合

・相手の状態を確認する。心肺停止などになっている場合、一時救命・119番通報をする。
・その場で110番通報する(通勤中の場合、会社に連絡)
・可能であれば、相手の持ち物の破損状態などを調べる、会話はできるだけ録音しておく
・相手との連絡先を交換する
・当日中に保険会社に連絡

以上が大まかな流れとなります。

jiko1

示談をするときの過失割合はどうやって決めればいい?仲介は裁判所?警察で?

最も安心なのは、保険に示談交渉サービスがついている場合です。

それがないと示談交渉を自分でやらなければいけません。

弁護士などに依頼する場合でも、多額の費用が掛かってしまいますし、自分でやるとなると役所や警察に何度も行く必要が出てくる場合もあり、仕事にも支障が出てしまいます。

保険を選ぶ時には、示談交渉サービスのついたものがお勧めですよ。

 

スポンサードリンク

 

警察が過失の割合を決めることはできません

お互いの保険会社が状況を話し合い、過失割合を決めています

過失割合が決定した後、加害者と被害者へ連絡が来ますのでそれを追認する形となりますね。

保険会社も過失割合を適当に決めているわけではありません。

別冊判例タイムズと呼ばれている「民事交通事故訴訟における過失相殺率の認定基準」という本に基づいて検証されているようです。

ですので、裁判等になったとしても保険会社の出した過失割合から大きく逸脱する、ということは早々ないようですね。

jiko2

【関連記事】
自転車事故の過失割合はどうやって決まる?歩行者に有利?

 

まとめ

今回、事故対応についてまとめてみましたが、一番大切なのは事故を起こさないことです。

交通ルールを守るのはもちろんのこと、自転車のヘッドライトやテールライトは明るいものを使い、歩行者にが自分の存在に気づきやすくするなどの工夫もしておくとより安心ですね。

 

スポンサードリンク