この記事の所要時間: 331

夏が近づくと、警戒しなければならないのが熱中症!皆さん、熱中症の症状や対処法、きちんと頭に入っていますか?熱中症といえば、めまいや頭痛といった症状がまず思い浮かますが、実は熱中症には多くの症状があり、「えっ、これも熱中症の症状だったの?」ということもあります。

そして、熱中症から早く回復するためには、「いかに早く熱中症に気付き応急処置を行うか」がポイントです。熱中症の様々な症状を知っておかなければ自分が熱中症にかかったことに気づけませんよね。ここでは、熱中症の様々な症状や対処法について、

・熱中症の症状にはどんなものがあるの?
・熱中症で頭痛や吐き気になる理由は?対処法は
・目の痛みが下痢が続くときにはどうすればいい?
・まとめ

の項目に分けてご紹介します。

スポンサードリンク

熱中症の症状にはどんなものがあるの?

熱中症の症状は様々で、初期症状から重症になるにつれて、症状も変化します。熱中症の主な症状をまとめてみます。熱中症の症状は、下にいくほど重症になります。

 

熱中症の初期症状:めまいやふらつき、一瞬意識が遠のく

熱痙攣:筋肉痛や手足がつる、

熱失神、熱疲労:ひどいめまい、全身倦怠感、嘔吐、悪心、頭痛

熱射病:体温が高い(40度以上)、意識障害、呼びかけても反応しない・反応が鈍い、言動が不自然、ふらつく

 

このうち、熱痙攣・熱失神までは、水分補給や体を冷やすなどの応急処置により通常は回復します。

 

しかし、熱射病になると、これは死の危険のある緊急事態、応急処置と同時に救急車を呼んでください。救急車を呼ぶかどうかの判断の目安は、上記の熱射病の症状が出ているかどうかに加えて、

本人の意識がはっきりしていない

自分で水分や塩分を摂取できない

熱痙攣や熱失神の場合でも、応急処置で症状が回復しないとき

このようなときには、救急車を呼びましょう。

kyukyu

熱中症で頭痛や吐き気になる理由は?対処法は

頭痛や吐き気も熱中症の症状の一つです。熱中症で頭痛が起きるのは、体温の上昇が理由です。熱中症で体温が急上昇しますよね。それにより脳はヒートアップ、脳の血管が大きくなり脳に流れ込む血液が多くなります。自律神経が脳の血液量をコントロールできなくなると、頭痛が起きるのです。

吐き気は、体温の上昇による内臓へのダメージ、それに加えて、脱水による水分不足で起きます。

 

スポンサードリンク

 

暑いところにいて頭痛や吐き気を覚えたら、熱中症です。すぐに涼しい場所に移動!水分補給を行い、症状の回復を待ちましょう。お茶や水ではなく経口補水液(生理食塩水、スポーツドリンク)を飲みます

 

頭痛や吐き気の症状は、熱中症が治った後も、1週間ぐらい続くことがあります。これは、体の水分や体温の調節機能が回復していないためです。熱中症になったら、しばらくは激しい運動・屋外での活動を控え栄養価の高い食事十分な睡眠を心がけましょう。

 sportsdrink

 

目の痛みが下痢が続くときにはどうすればいい?

熱中症による脱水症状や自律神経の乱れ、また、長時間屋外にいたことによる紫外線ダメージにより、目が痛くなることがあります。熱中症が治った後も、目の痛みが残るときには、まずは十分な水分補給を心がけてください。

 

体内の水分が不足すると、目の水分も少なくなりドライアイに似た症状が出ます。熱中症から3日以上経っても目の痛みがなくならないときには、眼科を受診しましょう。

 

熱中症による脱水症状や内臓へのダメージにより下痢になることがあります。熱中症により内臓、特に消化器が弱ると、下痢が長引きます。下痢が続くときには、消化のよいものを食べ、内臓を労わりましょう。

 

また、下痢になると水分が体外へ排出されるため、さらに脱水や熱中症を起こしやすくなります。下痢の間は、いつも以上に水分を補給するようにしてください。このときも、水やお茶ではなく経口補水液を飲みましょう。

toilet

 

まとめ

以上が、熱中症の症状や対処法についてでした。暑いとき、気分が悪いとまではいかなくても自分の体調について「あれ、なんだかおかしいぞ」という違和感を覚えたら、熱中症が始まっている可能性大です。すぐに涼しい場所に移動し、水分補給を行ってください。

 

また、熱中症の方を見つけたら、まずは意識があるかを確認。意識がないときにはすぐに救急車を呼んであげてくださいね。

 

スポンサードリンク