この記事の所要時間: 412

家庭用エアコンよりも大きくて、中身もなんだか複雑そうな業務用エアコン。「自分で掃除するのはどう見ても不可能っぽい!ということは、業者さんに頼まなきゃ。でもクリーニング代、高いんだろうなあ」とエアコンの季節を前に暗い気持ちになっている社長さん、店長さんは多いでしょう。

また、「そろそろ買い替えどきだけど、最近『リース』が流行っているみたい。自社購入とリース、どちらが安くつくのだろう」と悩んでいる方もいるのでは?

ここでは、そんな悩み多き社長さん、店長さんその他業務用エアコンに携わる方のために、業務用エアコンの掃除やリースなどについて、

・業務用エアコンの掃除ってどれぐらいの頻度でやればいい?やらないとどうなる?
・リースと自社購入はどっちがお得?
・クリーニング価格の相場は?自分で出来る?
・まとめ

の項目に分けてご紹介します。 

スポンサードリンク

 

業務用エアコンの掃除ってどれぐらいの頻度でやればいい?やらないとどうなる?

業務用エアコンの掃除を怠り、熱交換機や送風ファン、フィルターに埃やカビがたまった状態のままエアコンを使用し続けると、エアコンからの嫌な臭いや音、あるいはアレルギー症状などが起きます。

 

エアコン本体や室外機から水が漏れることも!!さらに、フィルターや送風ファンなどエアコン内部にごみがたまることにより、冷暖房機能が低下、電気代も高くなってしまいます。業務用エアコンは、定期的に掃除しましょう。

業務用エアコンの掃除は、

オフィス:3~4年に1度

煙草を吸うオフィス、喫煙室:2~3年に1度

店舗:2~3年に1度

飲食店、24時間稼働の店舗(コンビニなど):1年に1度

の頻度を目安に行いましょう。

clean

 

リースと自社購入はどっちがお得?

リースと自社購入どちらがお得かについては、一概にはいえません。必要なエアコンの台数や馬力、新品を購入するか、それとも中古を購入するか、経理処理の方法やそれにより節税効果など、多くの要因が絡むためです。

 

ただ、最近ではリースサービスを行う会社が増えたため、お得なリースサービスも多く登場しています。気になる方は、お近くのリース会社に見積もりを出してもらうとよいですよ。

 

スポンサードリンク

 

ちなみに、リースのメリットとしては、

・リース料金は必要経費で落とせるため、節税効果があります。自社購入をした場合は、資産となるため税金がかかります。

初期投資がかかりません。自社購入の場合は、初期投資(エアコンの購入代金や設置工事代)がかかります。

リース料金は借入れではないため、銀行の借入れ枠を温存できます。お金を借りて自社購入した場合は、その分借入れ枠が少なくなります。

・火事や災害などでも大きな損害を受けません。自社購入の場合は、火事や災害でエアコンが故障した場合は、丸々損失となります。

・償却計算などの財務管理が不要です。

・リース契約の内容にもよりますが、基本的に修理代は無料です。

リースにはこのようなメリットがある一方、

中途解約ができないことが多い(違約金をとられる)

・一括購入に比べて割高になる(たとえば、7年間リースで利用した場合と自社購入したエアコンを7年間使った場合、リース料金の方が購入代金よりも高くなるケースが多い)

などのデメリットがあります。業務用エアコンを新調するときには、上記のようなメリットデメリットをふまえたうえで、リースと自社購入、どちらにするかを決めましょう。言うまでもありませんが、リースを利用する場合には、契約期間や中途解約の違約金などの契約内容をよく確認してくださいね。

 

calc

 

クリーニング価格の相場は?自分で出来る?

クリーニング価格の相場はエアコンのタイプによって異なります。

天カセ型・天吊型:2万円~4万円

床置型・壁掛型:5千円

室外機:4千円

上記はあくまで相場、クリーニング価格は業者によって様々なので、頼む際には何社かで見積もりをとって、安い業者に依頼するのがおすすめです。また、クリーニング価格は月によっても変わります。クリーニング繁忙期になる5~8月よりも9~4月の方が安くなることが多いです。

自分でエアコンを丸々掃除することはできませんが、フィルターの掃除くらいであれば自分でできますよ。クリーニング代節約のためにも挑戦してみてください。フィルターの掃除方法は製品によって異なりますが、大まかにいうとこんな感じです。

・フィルターをエアコン本体から取り外す。

・掃除機でフィルターの埃を吸い取る。

・ブラシで水洗いをする。

・ドライヤーで乾かす。

・天日干しをする。

フィルターの掃除はエアコンシーズンが始まる前にしておくのがおすすめ、フィルターの目詰まりによる冷暖房機能低下や電気代アップを防ぐことができます。また、稼働開始時の嫌な臭いもしなくなります。

clean2

 

まとめ

以上が、業務用エアコンの掃除の頻度やリースと自社購入のメリットデメリット、クリーニング価格などについてでした。上記の通り、業務用エアコンだからといってクリーニングを全て業者に丸投げではクリーニング代が高くついてしまいます。フィルター掃除などできることは自分で行い、クリーニング代を節約しましょう。

スポンサードリンク