この記事の所要時間: 149

埼玉県川越市、小江戸川越花火大会の観覧は会場付近に無料駐車場が予定されていますが、まだ台数は未定のようです。

徒歩が難しい方の場合、東武東上線・JRの川越駅東口発、西武新宿線の本川越駅発の各有料臨時バスをご利用になると便利です。

今年は観光協会設立55周年記念ということで、一尺玉の55連発などが見ものになっています。

スポンサードリンク

 

花火はどこで見るのがおすすめ?

 

近頃は穴場が簡単にインターネットで調べられてしまうので、毎年約15万人もの観客が訪れる小江戸川越花火大会でもすいている場所を探すのはなかなか困難ですが、少なくとも安比奈親水公園と埼玉川越総合地方卸売市場はオススメの観覧ポイントと言えるでしょう。

しかし水上花火が絶好の角度から見られるため、安比奈緑地内や親水公園は混みやすくなっています。

 

混みあうのが苦手な方は、伊佐沼周辺の国道16号線より北側にある農業用道路でまったりと眺められるのも良いかも知れません。

 

ただし農業用道路では、周辺住民の方やカメラマンがスタンバイしていることがあり、暗い中でのトラブルに発展することもありますから、できるだけ人より前に出ないよう気をつける・女性連れなら蛙や虫などに気をつけるといった、トラブル防止の配慮が必要です。

 

帰りの最寄り駅はどこがおすすめ?

 

最寄り駅はいずれも大変混雑しますから、帰宅時は的場駅まで歩いたり、帰宅時間を少しずらすなどして対処してください。

 

今年の打ち上げ数は5000発程度が予定され、関東一円では少し小さめの花火大会だと思われるかもしれませんが、水中スターマインが内陸部で見られる花火大会は小江戸川越花火大会くらいでしょう。

夜の伊佐沼を彩る色とりどりの花火が次々に花開き、音楽とのコラボ花火を毎年楽しみにしている方も多い大会になっています。

 

有料席の購入方法は?予約の仕方は?

 

有料席の販売は、テーブル席が最大4名8000円ペア席は3000円です。観光案内所か全国のファミリーマート、セブンイレブンでお申し込みいただけますが、席数が少なめなので早めにご購入されたほうが安心です。

スポンサードリンク