この記事の所要時間: 714

自転車の違反罰則が強化され、自転車での傘差し運転は禁止になりました。

雨の日に自転車に乗る場合は、レインコートレインポンチョを使う必要がありますよね。

ですが、レインコートとレインポンチョでは、どちらが自転車に合っているのでしょうか?

自転車に乗るときだけでなく、徒歩で移動する時にも使いたい!という場合もありますし、用途によって使いやすいものは変わりますよね。

 

そこで今回は、

・自転車の傘差し運転は違反!だったら何を使えばいいの?
・レインポンチョとレインコート、自転車で濡れないはどっち?アウトドアブランドと一般の物の違いは?
・可愛くてお勧めのレインポンチョランキング5
・おしゃれなレインコートが欲しい!ランキング5

以上についてまとめてみたいと思います。

 

スポンサードリンク

 

自転車の傘差し運転は違反!だったら何を使えばいいの?

2015年の6月から、道路交通法が改正され、自転車への違反罰則が強化されました。

ご存知の方もいるとは思いますが、3年間に2回の違反で安全講習が義務付けられます

安全講習にはお金もかかりますし、傘差し運転では5万円以下の罰金も科せられます。

罰金があるだけでなく、傘で視界が遮られると、ただでさえ見通しの悪い雨の日は事故の確率も高くなります

安全のためにも、雨の日に傘は差さない方がいいですね。

ですが、通勤などに便利な自転車。雨の日も乗りたいですよね。

そんなとき役に立つのがレインコートレインポンチョです。

 

袖口が濡れにくいようなデザインになっているものや、足元にマチが入っていて運転のしやすさを考えられているものなど、機能性にも優れたものが販売されています

 

リュックを背負ったまま運転できることもあって、レインウェアを使用して運転している女性も見かけるようになりました。

 

私はレインポンチョを使用していますが、雨を防ぐだけでなく、傘のように風で煽られることもないので安心して自転車に乗ることが出来ますよ

 

matta

 

レインポンチョとレインコート、自転車で濡れないのはどっち?アウトドアブランドと一般の物の違いは?

自転車に乗る際、レインコートを着ていて上の服は濡れなくても、パンツが濡れてしまった…という経験はありませんか?

 

普通のレインコートやレインポンチョは、徒歩を想定して丈が短めなので、自転車で使うと足元が濡れてしまうことがあります。

 

そんな時は、自転車用のレインポンチョや、上下が分かれたレインコートを使用すると足元もぬれずに済みますね。

 

登山などにも使われる、こちらのようなアウトドアブランドの雨具ですが、一般の物と性能に差はあるのでしょうか?

 

スポンサードリンク

 

物によってはかなり高価な物もある様ですが…

調べてみると、一般に販売されているものに比べ、断然蒸れない!」のだそう。

確かに、一般的なレインポンチョなどを着て運転していると、かなり蒸れます

 

ですが、アウトドアブランドの物ですと「ベンチレーション」と呼ばれる換気用のポケットがついている・生地も防水性が高く透湿性のあるものを使っている等かなり換気に力を入れているようですね。

 

登山などでは蒸れると寒くなってしまって大変、ということなんでしょうか。

こういうものでしたら自転車でも快適に乗れそうですね。

 

umblela

 

可愛くてお勧めのレインポンチョランキング5

1位

透明なツバがついて視界を遮らず、二重袖になっていることで、袖から濡れるのを防いでくれそうです。

カラーも沢山ありますので、好きな色が選べますね。

 

2位

収納袋付きで丈も長く、柄も沢山あります。男性でも使えそうなデザインのものもありますね。

 

3位

袖がめくれない様ゴムがついているので、自転車でも安心です。

また、袋ではなく、本体についているポケットに収納するタイプですので袋を無くす心配もありませんね。

 

4位

完全に自転車用に特化したレインポンチョです。

籠に留めるクリップもついており、風で捲れてしまう危険がないですね。

 

5位

こちらも、袖が絞れるので濡れる心配がありません。

国の名前がついたプリント柄がおしゃれですね。

 

 

 

おしゃれなレインコートが欲しい!ランキング5

1位

三角のマチがついているので、自転車をこいでいても足の濡れないデザインです。

丈もながく、徒歩でも使うことで出来そうですね。

 

2位

こちらも、袖の調整が出来るタイプ。丈も長めで足元もガードできそうです。

 

3位

丈が長く、透過性に優れた生地を使用しているため蒸れにくい商品です。

 

4位

カラーも豊富ですが、ベンチレーションや二重袖も採用されていて自転車に乗りやすそうなデザインですね。

 

5位

反射テープがついている等、夜間の走行も安心なタイプ。袖口調節もついていますよ。

 

 

まとめ

最近では、レインコートやレインポンチョも、デザインが素敵な物が沢山ありますね。

どれにしようか迷ってしまうくらいです。

袖や足元など、運転中に気になるポイントを押さえてある商品もあり、デザインも進化してきています。

【関連記事】
レディースレインパンプスのおすすめランキング3選。痛みや防水効果

雨の日に自転車に乗られる方は、是非このようなレインウェアを活用してみてくださいね。

 

スポンサードリンク