この記事の所要時間: 510

現在最新のOSであるWindows10ですが、2015年の7月29日から無料のアップデートを開始したことで話題になっていましたよね。

 

このアップデートですが、ずっと無料という訳ではありません

 

無料期間がすぎると、Windows10を購入してアップデートする必要があります

 

価格は1万7000円~2万円ほどで。結構お高い印象ですよね。期限があるのなら、期日までにアップデートしておく方が断然お得です。

 

ただ、Windows10に無料アップデートが出来るのは、全てのOSという訳ではないようです。

 

現在サポートが終了しているWindows XPは対象外のようですが、Windows vistaはどうなのでしょうか?

 

そこで今回は、

・VistaからWindows10に引っ越し作業。準備する事は?
・無料で10に移行できる期間はいつからいつまで?
・アップグレードする際にかかる価格はいくら?

以上についてまとめてみたいと思います。

 

スポンサードリンク

 

VistaからWindows10に引っ越し作業。準備する事は?

なんと、今回の無料アップグレードですが、Windows Vistaは対象外

 

しかも、Vistaから直接10にする方法がなく、7や8.1などをインストールしてから10にアップグレードという形になります。

 

とても面倒ですよね。

 

しかも、Vistaから7や8.1に移行させる場合でも、アップグレード(上書きインストール)することが出来ないのです。

 

どういう意味かといいますと、Vistaで今現在使っているアプリやユーザーデータなどを引き継いでOSをアップグレードすることができないのです。

 

一度データを初期化してから、OSを移行する形になってしまいます。(これをクリーンインストールといいます)

 

また、Vistaがリリースされたころ、PCのスペック不足でかなり重たいPCになってしまった!という話がありました。

 

Vistaですら重たいようなマシンスペックのPCですと、Vistaに比べ軽くなっているらしい10も重たい、というような状態で、100%の動作をすることが出来ない可能性があります。

 

せっかくお金をかけてインストールしても、使えなければ意味がないですよね。

 

Windows10への移行を検討されているのでしたら、ここはひとつ新しいPCに買い替えるのも手ではないでしょうか。

 

Windows7や8.1搭載のPCであれば、無料アップグレードを使うことができますよ。

 

pc1

 

無料で10に移行できる期間はいつからいつまで?

残念ながら、Windows Vistaからは10に無料アップグレードすることができません。

 

現在無料アップグレードの対象となっているのは、Windows7と8.1のみ。

 

サポートの終了しているXPは分かりますが、サポート中のVistaも対象外となっているのです。

 

しかし、Windows7や8.1にしてから、10にアップグレードする。またはWindows10を購入してインストールするという方法でしたら可能です。

 

ですから、どうしても10にしたい!という方はそちらの方法がおすすめですよ。

 

スポンサードリンク

 

どちらにせよ、現在使っているVistaのデータは全て削除され、クリーンインストールとなってしまいますので、その際は、必ずバックアップをとることをお勧めします。

 

バックアップをとらず、PCが初期化されてしまってデータが全て消えた!というのでは泣くに泣けませんよね。

 

初めから新しいPCを買っておくんだった…という後悔の内容に気をつけて下さい。

 

pc2

 

アップグレードする際にかかる価格はいくら?

現在のOSソフト価格ですが、

  • Windows 10 Home 日本語版が15,000円程度
  • Windows 7 Home Premium SP1 32bit DSP版が16,000円程度
  • Windows 8.1 32bit DSP版が13,000円程度

となっています。

 

じゃあ、Windows8.1が一番安いし、8.1から10にアップグレードしよう!と考えている方、ちょっと待ってください

 

現在使っているVista搭載のPCスペックは確認しましたか?

 

Windows Vistaはエディションによって要求スペックが違います

 

一番低スペックでも動く、Windows Vista Home BasicのPCですと10のシステム要件を満たさない可能性があるのです。

 

こちらの最小要件は、CPUが800MHz以上、メモリが512MB以上、HDDが15G以上の空きがある20GBのものということです。

 

対してWindows10の最小要件は32ビット版でも、CPUが1GHz以上、メモリが1GB以上、HDDが16GBとなっています。

 

Vista Home Basicの最小要件では10の最小要件に満たないので、動かすことが難しいですよね。

 

ですから、Windows Vista Home Basicの搭載されているPCをお持ちの方でしたら、PCの買い替えをお勧めします。

 

そもそも、OSに15,000円程度のお金をかけるのでしたら、その分PCのお金が浮いたと思えば心情的にも買い替えのハードルが下がるのではないでしょうか。

 

現在では、ネットや家電量販店などでかなり安くPCが買えますよね。

 

CPUもCore i3を搭載しているものが4万円台で購入できるようになっていますし、そちらはWindows10が初めから搭載されています。

 

最近では、お子さんの成長を動画で撮って編集するという方も多いですし、Vista搭載のPCよりはよほど快適に動作してくれるのではないでしょうか。

 

どちらにせよバックアップが必要なのであれば、OSを買うお金を思うと思い切って新しいPCに買い替えすることをお勧めします。

 

pc3

 

まとめ

今まで活躍してくれたWindows Vistaですが、10に移行したいと考えている方には、そろそろ買い替えを検討する時期が来たのかもしれません。

 

Vistaから直接10にアップグレードすることはできませんし、OSを購入してもPCは一度初期化する必要がありますよね。

 

そうなってくると、OS購入費用はPCの買い替えに充て、新しいPCで快適にWindows10を使うほうをお勧めしたいと思います。

 

スポンサードリンク