この記事の所要時間: 156

BSE問題で牛肉が輸入できなくなった時に登場した吉野家の豚丼。

その後牛丼が復活するまで定番メニューとして吉野家を支えました。

今回、豚丼が復活することが発表されたので、販売時期や価格について調べてみました。

スポンサードリンク

そもそも豚丼はなぜ販売停止になったのか?今後選抜メニューとして復活する可能性はあるの?

 

豚丼が販売停止になってしまった理由は、牛肉問題が解消されて牛丼が販売再開したこと、焼味豚丼という新メニューを販売したからです。

焼味豚丼と豚丼がメニューの中で被ってしまうので、豚丼を販売停止にしたんですね。

 

元々豚丼は牛丼販売再開までのピンチヒッターだったので、吉野家としても牛丼と併売するのではなく、別メニューとして楽しめる形にしたかったのではないでしょうか?

 

今回、豚丼が正式に選抜メニューとして復活することが発表されました。

 

 

豚丼の販売時期はいつからいつまで?価格は?

今回販売が再開されることになった豚丼。

価格は値上げをせずに並盛り330円です。

 

そして再販売限定価格として並盛りを300円で販売します。

その販売期間は、4月6日の朝10時から、12日20日までの6日間です。

 

入学式や入社式の時期なので、学校や会社の休み時間に食べに行きましょう。

 

すき家の豚丼と吉野家の牛丼を比較

豚丼と言えば吉野家のライバルであるすき家も販売をしています。

 

こちらはカロリーが並盛りで700キロカロリー。

対する吉野家の並盛りは604キロカロリーです。

 

すき家の豚丼は並盛りで350円、吉野家は330円です。

 

一概に比較は出来ませんが、量だけならすき家のほうが多い事になります。

 

味はすき家、吉野家ともにいいところはあるので好みになるでしょう。

 

松屋から豚丼が消えた理由は?

牛丼チェーンライバルの松屋からも気がつけば豚丼メニューが消えていました。

この理由について調べてみたところ、ネギ塩豚カルビ丼というメニューが発売されたので、それに伴い豚丼をメニューから消したというのが理由でした。

 

各社ともに単体の豚丼ではなく、付加価値を乗せて販売しているんですね。

 

スポンサードリンク