この記事の所要時間: 543

 

「読みたい本や漫画があるけど、わざわざ買いに行くのはめんどう・・・」「いちいち買っていたらお金ももったいない・・・」

 

皆さんこのように感じた経験はありませんか?私はあります!!そして、そんなめんどくさがり&ドケチな私がおススメしたいのが電子書籍です

 

スマホやタブレット端末さえあれば、いつどこにいても簡単に自分が読みたいものが見つけられるし、毎月決まった額さえ払えばどれだけ読んでもいちいちお金がかかりません

 

これは、今すぐにでも利用してみたいところですよね♪

 

しかし、電子書籍とはいってもそのサービスは種類が豊富で、「具体的にどのサービスを利用するのがいいのか、どう違うのか」と迷ってしまう方も多いのではないでしょうか?

 

そこでこれから今回はドコモのDブックとauのブックパスの2つの電子書籍のサービスに絞って、詳しく説明しつつどう違うのかという比較をしていこうと思います。

 

*Dブックとブックパスって何が違うの?

*価格は?商品数は?

*雑誌も読めるの?

 

具体的には上記のような疑問を解決していきたいと思いますので、初めて電子書籍を利用しようと考えている方やどのサービスを利用したらいいのかわからないという方はぜひ参考にしてみてくださいね♪

 

Dブックとブックパスって何が違うの?

 

ともに電子書籍のサービスであるDブックとブックパスですが、具体的にどのような違いがあるのでしょうか?まずは、Dブックとブックパスそれぞれについて簡単にお話ししておきます。

 

DブックとはNTTドコモが提供している電子書籍ストアの名称で、コミック・小説・実用書など多くのコンテンツユーザ登録やクレジットカード登録の必要なく、1冊ごとに購入できます。

 

Dブックのサイト内で購入(ダウンロード)した作品は自分だけの「マイ本棚」に保存され、以後好きなときに購入した作品の閲覧が楽しめるというサービスになっています。

 

NTTドコモが提供するサービスではありますが、ドコモ以外の方の利用も可能です★

 

面倒な会員登録の必要なく作品の購入ができるので、はじめから「この書籍が読みたい」と決まっている人や1冊からの購入がしたいという人にとってはとても便利ですね♪

 

一方、ブックパスはauが提供する電子書籍ストアの名称で、コミック、小説、実用書、写真集、雑誌などが月額定額で読み放題となっています。

 

ダウンロードした本は、スマホやタブレットさえあればどこでも手軽に読むことができ、読み放題で気になった作品の続巻などが一冊ごとに買える「アラカルト購入」というサービスも利用可能です。

 

ただし、サービス利用の際にはau IDが必要なためauの人だけが利用できるサービスとなっています。

 

以上のことから、Dブックとブックパスの大きな違いはDブックが一冊ごとに購入するというサービスなのに対し、ブックパスは月額定額で読み放題のサービスであるということとDブックはドコモ以外の人でも利用可能なのに対し、ブックパスはauの人だけが利用可能だという2つであると言えます。

 

【関連記事】

三島由紀夫の作品の特徴とは… いま見直されている名著の数々

 

1

 

価格は?商品数は?

 

具体的にその価格や商品数がどうであるかということについてお話ししていこうと思います。まずはDブックですが、コミックや小説、実用書など多彩なジャンルの電子書籍が約12万タイトルという品揃えです。

 

サービスの利用時に登録料やアプリの利用料などは必要ないので、購入(ダウンロード)したい作品代のみの支払いとなります。無料立ち読みのサービスも豊富なので、無料立ち読みをしてみてから気にいった作品を購入するということも可能です★

 

値段について、参考までにですが…一般的なコミックの場合の相場は1冊432円でした♪

 

スポンサードリンク

 

次に、ブックパスですが、商品数は人気雑誌230誌以上を含む40,000冊以上となっています。月額562円/月(税抜き)で別途LTE NETまたはIS NETコース(300円/月)の加入も必要です。

 

商品数に関しては、Dブックのほうが品揃えは豊富なようですが、ブックパスであれば雑誌も読むことができるようです。また、価格に関しても一概にどちらがお得とは言えません。

 

「読みたい本が決まっていて、数もそんなに多くは読めない」という人にはDブック、「とにかく安くたくさんの本が読みたい」という人にはブックパスというように目的によってどちらのサービスを利用するのか決めることをおススメします♪

 

2 

 

雑誌も読めるの?

 

これまで、Dブックとブックパスのサービスについて具体的にお話ししてきましたが、それぞれのサービスで雑誌が読むことはできるのでしょうか?

 

先ほども少し触れましたが、ブックパスでは人気雑誌230誌以上を読むことができますが、Dブックでは雑誌は扱っていません。

 

もし、雑誌だけが読みたいという場合には同じドコモが提供するサービスで、Dマガジンという人気雑誌・記事が月額400円/月(税抜き)で読み放題のサービスもあるようですよ★

 

3

 

まとめ

さて、Dブックとブックパスの違いについて少しは理解していただけたでしょうか。

 

皆さんは、どちらのサービスを利用してみたいと思いましたか?

 

ちなみに私は1冊の本をじっくりと何度も読みたい派なので個人的にはDブックを利用してみたいな~と思っています。(笑)

 

2つのサービスを比べてみて良い面と悪い面がそれぞれ見えてきたと思いますので、自分の目的や必要性に応じてより自分に合ったサービスを選んでみてください♪

 

一応、それぞれのサービスのURLを載せておきますね★

 

Dブック

http://book.dmkt-sp.jp/sp/campaign/campaign.html?utm_source=201510_listing_y_001

 

ブックパス

https://www.bookpass.auone.jp/info/bookpass/sp/?aid=lbs_003_Listing_nor_sp

スポンサードリンク