この記事の所要時間: 431

関東一すごい花火大会ともいわれる小山の花火大会ですが、最近では「おやまサマーフェスティバル」と名称を変更して開催されているようです。去年は徳川家康公の400年記念ということで、かなりの盛り上がりも見せたようですね。

ナイアガラ瀑布やワイドスターマインもさることながら、ラストには尺玉の連続打ち上げもあり、なんと1200発にもなる大迫力なのだとか。花火から近い場所で見物することが出来るということもあって、毎年かなりの人が訪れているようですね。

そんなおやまサマーフェスティバルですが、人ごみばかりで花火を楽しむどころではなかった!という残念な思いはしたくないものです。ゆっくりと花火を楽しむ方法はないのでしょうか?

そこで今回は、

  • 小山の花火今年の開催日程はいつ?時間は何時から?
  • 有料席の購入方法は?いつから販売開始?
  • 場所取りはどこがおすすめ?穴場スポットはどこ?
  • 駐車場は?交通規制は?

以上についてまとめてみたいと思います。

スポンサードリンク

小山の花火今年の開催日程はいつ?時間は何時から?

小山サマーフェスティバル2016ですが、開催日はいつなのでしょうか?

今年は、7月31日の19時10分~20時45分となっているようです。雨天の場合は延期になるようですので、注意が必要ですね。

また、7月30日にはオープニングカーニバルとして、小山駅~メイン会場においてはおみこしやお囃子のパレードや、よさこい総踊りなど様々な催しが予定されています。

更に、メインステージでは「もしかしてだけど~」というネタが人気の、お笑い芸人さん「どぶろっく」も出演されるようですね。終盤にはミニ花火ショーもあるようですので、2日連続で花火を楽しむのも素敵だと思います。

 

有料席の購入方法は?いつから販売開始?

おやまサマーフェスティバル2016では、有料観覧席というものが販売されるようです。有料ではありますが、確実に座ってみることが出来るとあってお子さん連れの方などにはピッタリではないでしょうか?

特に小さなお子さんが一緒ですと、席を取っていてもあちこち見に行きたがる事も多いですし、ちょっと離れていたら席が無くなっていた!というトラブルもある様です。余計なトラブルで楽しい花火を台無しにしないためにも、余裕のあるかたは有料観覧席がお勧めですね。

気になるお値段ですが、席の種類によって変わる様です。テーブルとイスの付いた席は堤6名定員のようです。防の上段・中段で値段が変わり、上段が24,000円・中段が21,000円となっています。

花火大会では屋台の食べ物やお酒を飲んだりすることもありますし、テーブルとイスがあるのはありがたいですね。マス席は定員が4~5名で、堤防中段で観覧できるようです。こちらはお値段15,000円と。イスなどがついていない分テーブル席よりはリーズナブルですね。

また、1名からの利用でしたら階段の指定席はいかがでしょうか。こちらは1席から申し込め、お値段2,000円となっています。夫婦とお子さん1人で3名など、マス席などでは余ってしまう…と言った方にお勧めです。

 

スポンサードリンク

 

気になる申し込み方法ですが、

  • 大山旅行サービス
  • JTB関東トラベルサロン小山

では窓口で購入できます。

 

コンビニでは、セブンイレブンの「セブンチケット」にて購入できるようです。こちらの場合はマス席と階段席のみとなっていますので、テーブル席を希望される方は注意してくださいね。

また、こちらの小山の花火有料観覧席購入サイトからも購入することが出来ます。

http://oyamanohanabi.com/fireworks.html

 

そのほか、電話では小山の花火有料席センターにて取り扱っています。

電話番号:0285-42-2450

平日10時~17時30分までの受付となっているようです。

 申し込み方法も様々ですので、比較的入手しやすいのではないでしょうか?

 

 

1

 

場所取りはどこがおすすめ?穴場スポットはどこ?

おやまサマーフェスティバルでは、花火を見る穴場スポットがいくつかあるようです。早めの場所取りをしていれば、ゆっくり見る事も出来そうですね。

城山公園

 

駅からも近く、打ち上げの会場からも近い場所です。有料観覧席もこの近くですので、良く見える場所だと思われます。その分、穴場の中でも人気スポットの様ですので、15時ごろには席を取っておく必要があるみたいです。

 

小山総合公園

駅からは3.5キロほど離れていますので少し遠いですが、こちらも花火が良くみえるようです。

 

2

 

駐車場は?交通規制は?

当日は大きな臨時駐車場があるわけではないようですね。無料駐車場が若干あるようなのですが、会場からかなり離れているようです。

駅周辺の有料駐車場も、かなり早くから埋まってしまうようですね。せっかく車で行ってもあまり早くからでは待ち時間が長く、車で行った意味が無いような気もします。

会場自体が駅から徒歩10分程度と近いですし、公式サイトからも公共交通機関を勧められていますので、ここは大人しく電車などで行くことをお勧めします。

3

 

まとめ

毎年素晴らしい花火を見ることのできるおやまサマーフェスティバルですが、穴場スポットなどもあるようですね有料観覧席などもありますし、ご家庭にあった方法でゆっくりと花火を楽しんでみてくださいね。

スポンサードリンク