この記事の所要時間: 444

夏の関東は毎週、花火大会が目白押し。数ある花火大会の中でも、関東屈指の花火大会といえば、そう!栃木県小山市で毎年7月の最終日曜日に開催される「小山の花火」です。小山の花火には、スターマインやナイアガラ、ワイドスターマインなど人気の花火が勢ぞろい!尺玉の連続打ち上げもあります。

さらに、小山の花火では打ち上げ場所のすぐ目の前が観覧席になっています。つまり、次から次へと上がる花火を間近で見ることができるということ。迫力満点の花火を見たい方は、小山の花火に行くしかない!!ということで、ここでは、2016年の小山の花火について、

  • 2016年の日程は?開始時間は何時から何時まで?
  • 駐車場へのアクセス方法は?臨時駐車場は?
  • 穴場の閲覧スポットはどこ?
  • まとめ

の項目に分けてご紹介します。

スポンサードリンク

2016年の日程は?開始時間は何時から何時まで?

2016年の小山の花火は7月31日(日)に開催されます。打ち上げ時間は19:10~20:45です。約90分で2万発もの花火が打ち上げられます。次々に打ち上げられるので、息つく暇もありませんよ。過去の小山の花火はこんな感じでした。

2015 小山花火大会【フィナーレ・ナイアガラ 市民花火「七つの海を越えて」】

第64回小山の花火 64th OYAMA fireworks 2015

 

 

ちなみに、小山の花火は、「おやまサマーフェスティバル2016」というイベントの一環で行われます。おやまサマーフェスティバル自体は、花火の前日、7月30日(土)のオープニングカーニバルをもって始まります。こちらもぜひ、足を運んでみてください。

a

https://www.pakutaso.com/20120850215post-1784.html

 

駐車場へのアクセス方法は?臨時駐車場は?

小山の花火の会場・打ち上げ場所は観晃橋下流思川河畔です。会場へは、JR小山駅から徒歩8分で到着します。小山の花火では、大規模な駐車場は用意されていません。会場から少し離れた場所に無料の臨時駐車場が用意されます。

無料駐車場 小山第二中グラウンド:200台分

小山第二中から会場までのアクセスはこちらです。

無料駐車場以外では、JR小山駅周辺の有料駐車場を利用することができます。が、なんといっても小山の花火の人出は50万人!!駐車場の数は全く足りていません。200台分の無料駐車場および駅周辺の有料駐車場は花火当日、午前中には満車になります。

午前中に現地入りできない方は、駐車場はないものと考えてください。花火の会場はJRでのアクセスがよい場所なので、できるだけJRなどの公共交通機関を利用して行きましょう。

東京から小山へは、電車で約1時間半。この程度の時間なら、電車で行っても苦ではありませんよね。ちなみに、乗車賃は片道1490円(東京→小山)です。

どうしても車で、という方、JR小山駅周辺以外では以下の駐車場がおすすめです。

  • たいらや小山本郷店
  • MGM小山店
  • ハーヴェストウォーク屋上駐車場:こちらは駐車できるだけでなく、花火も見ることができます。

 

JR小山駅周辺の駐車場を探すときには、駅の西口ではなく東口方面で探すのがおすすめです。西口の通りは歩行者天国になるうえに、とても混雑するからです。また、JR小山駅の2、3駅隣の駅周辺で駐車場を探すのも一つの手です。花火終了後、JR小山駅は大変混雑しますので、帰りの切符の手配はあらかじめしておきましょう

 

スポンサードリンク

 

 

小山の花火では、小山駅西口を含め、会場周辺に交通規制が敷かれます。交通規制は15:00からです。交通規制が始まると、規制区域内は車での通行はできなくなります。交通規制は花火終了後も続きます。規制区域内に駐車してしまうと、規制が解かれるまで身動きがとれなくなってしまうのでご注意ください。

b

https://www.pakutaso.com/20120859215post-1787.html

 

穴場の閲覧スポットはどこ?

小山の花火には会場周辺の穴場の観覧スポットがあります。小山の花火の穴場の観覧スポットはこちらです。

城山公園

こちらは「穴場」とはいえないかもしれませんね。とても混雑します。花火当日は15時くらいには場所取りに行ってください。

島田橋

打ち上げ場所から2km、離れた場所なので混雑の心配はありません。川面に映る花火を見ることができます。

道の駅思川

車の方におすすめです。トイレや売店があるので、早めに行っても大丈夫、時間つぶしもできますよ。

太平山見晴台

県内でも有数の夜景スポットです。花火と夜景の両方を楽しむことができます。車の方にもおすすめです。

栃木県立県南体育館

フィナーレを飾るナイアガラは残念ながら、見ることができません。しかし、花火当日、露店も出店しお祭り気分は満載の穴場スポットです。

 c

https://www.pakutaso.com/20120823215post-1786.html

 

まとめ

以上が、2016年の小山の花火の日程や駐車場、穴場の観覧スポットなどについてでした。上記の通り、小山の花火に車で行くのはおすすめできません。電車などの公共交通機関を利用しましょう。

車で行く方、どこの駐車場も花火大会当日の午前中には満車になります。会場の近くではなく、会場から2駅3駅離れたあたりで駐車場を探してみましょう

また、上記の穴場スポットのうち、城山公園はとても混雑します。花火開始直前に行ったのでは、場所取りはできませんので、早めに現地に行きましょう。では、上記を参考に、ぜひ今年の夏は小山の花火で最高の思い出を作ってください。

スポンサードリンク