この記事の所要時間: 515

2016年4月14日の夜、熊本を襲った地震。1週間以上経った現在、被災地ではどのようなものが必要とされているのでしょうか。「被災地に支援物資を送りたいけれど何が必要とされているのか分からない」「送り方は?ゆうパックで送ることができるの?」という方のために、ここでは被災地で必要とされている物資や支援物資の送り方について、

  • 熊本で今不足しているものは何?調べ方は?
  • 支援物資の送り先は?勝手に送ってもOK?
  • 支援物資は宅急便で送ればいい?ゆうパック?佐川?

の項目に分けてご紹介します。支援をしたいという気持ちから出た行動が、かえって被災地の混乱を招いてしまうということが最近では多いようです。支援をしたいのであれば、本当に被災地の役に立つ行動をしなければいけません。支援物資を送る計画を立てている方、ぜひ、参考にしてください。

 

熊本で今不足しているものは何?調べ方は?

熊本地震発生後から熊本への支援物資の受け付けを行っていた福岡市が公表している、受け入れ品目は以下の通りです。

  • ウェットティッシュ
  • 栄養補助食品(常温・長期保存可能、調理不要なもの):レトルト食品などがよさそうです。

地震発生直後では上記以外の品目も受け入れていましたが、現在、受け付けているのはこの2品目だけです。いずれも未使用・未開封の新品のみ受け付け可です。

この通り、現在の被災地は、水や食料(上記のもの以外)、タオル、衣料品などの物資はすでに足りている模様です。また、支援物資を受け付けている自治体では、はっきりと「水・中古衣料は受け入れない」と公表しているところもあります。自分が送った支援物資が被災地の方を混乱させたり、重荷になることがあってはいけませんよね。

支援物資を送るときには、送り先のホームページなどで受け入れている支援物資の品目を確認してください。

1

http://www.irasutoya.com/2013/10/blog-post_1454.html

 

支援物資の送り先は?勝手に送ってもOK?

支援物資は勝手に送ってはいけません。受け取る側の受け入れ体制が整っていないことがあるからです。支援物資を送るときには、送り先が支援物資を受け付けているのかをまずは調べましょう。

現在(4月22日)の各自治体の支援物資の受付状況は以下の通りです。

熊本市

4月21日正午をもって救援物資の受け入れ中断。

熊本県

一般からの小口の救援物資は受け入れ中止

大口の申し出で、且つ、一定の数と仕様が揃えられる物資についてのみ受け入れ。ただしこの場合も事前の連絡必要。連絡先は096-333-2816

益城町

益城町では、現在支援物資の受け入れを中断しています。

阿蘇市

阿蘇市の支援物資の受け付けの有無は、ホームページには記載されていません。義援金の受け付けは行っているので、支援の気持ちがある方は義援金を送るのがよいでしょう。

阿蘇市:http://www.city.aso.kumamoto.jp/kumamoto_eq/

御船町

御船町では御船町恐竜博物館にて支援物資の受け付けを行っています。受け付け時間は8:00~22:00です。詳細は御船町のホームページでご確認ください。

御船町:http://portal.kumamoto-net.ne.jp/town_mifune/kinkyu/pub/default.asp?c_id=11

西原町

西原町では村民体育館で支援物資の受け付けを行っています。中古衣類の支援物資は受け付けていません。詳細は西原町のホームページでご確認ください。

西原町:http://www.vill.nishihara.kumamoto.jp/emergency/_2066.html

南阿蘇村

南阿蘇村では、(旧)久木野中学校体育館で支援物資の受け付けを行っています。ただし、中古衣類、飲料水の支援物資は受け付けていません。詳細は南阿蘇村のホームページでご確認ください。

南阿蘇村:http://www.vill.minamiaso.lg.jp/soshiki/18/busshi.html

福岡市

福岡市では、熊本市に送る救援物資の受け入れを行っていましたが、熊本市の受け付け中断に伴って受け入れを中断します。4月22日までは旧大名小学校で受け入れますが、その後は受け入れを中断、再開時期については未定です。

自治体以外の支援団体への支援物資の寄付については、各支援団体のホームページなどでご確認ください。

2

 

http://www.irasutoya.com/2014/02/blog-post_3659.html

スポンサードリンク

 

支援物資は宅急便で送ればいい?ゆうパック?佐川?

支援物資は各自治体の受け付け場所に直接持ち込むのがよさそうです。各受け付け場所ごとに、受付時間が決まっているので、受付時間内に持ち込むようにしましょう。支援物資を詰めた箱には、中に何が入っているのかが分かるように内容を明記しておいてくださいね。受け付け側の負担を軽くすることができます。

宅急便・ゆうパック・佐川急便、いずれもほぼ平常通りの配達が再開されているようです。ただ、道路の復旧がまだなので、通常よりは配達に時間がかかるでしょう。配達の途中で足止めを食らっているうちに、自治体側の支援物資の受け付けが終了してしまうということもあります。支援物資の受け付け場所に直接持ち込めない方は、義援金の寄付の方がおすすめです。

また、自治体の中には住民から支援物資を集めているところもあります。お住いの自治体のホームぺージなどで、支援物資の受け付けの有無を確認してみてください。

3

http://www.irasutoya.com/2013/02/blog-post_3141.html

 

まとめ

以上が熊本に支援物資を送る方法についてでした。上記の通り、現在では支援物資を受け付けている自治体はかなり少ないです。このまま地震が収束していけば、流通もどんどん回復していきます。現在支援物資の受け付けを中断している自治体で、受け付けが再開することはおそらくないでしょう。

被災地を助けたいという気持ちがある方は、支援物資ではなく義援金での支援を検討してみてください。支援物資を送る場合は、上記の自治体のホームページで支援物資の受け付け状況を確認してくださいね。支援物資の受け付け状況は日ごと変化しています。

スポンサードリンク