この記事の所要時間: 529

お中元の時期がやってきました。日頃お世話になっている方に感謝の気持ちを込めて送るお中元。しかし、時期を外したお中元では、相手に感謝の気持ちを伝えることはできません。「無礼な奴だ」「非常識な奴だ」と思われるのがオチです。

せっかく素敵なお中元を送るのですから、相手に喜んでもらいたいものですよね。お中元はマナーを守って送りましょう。また、お中元の時期は地域によって差があります。そのため、知らず知らずのうちにお中元の時期を逃してしまうことも!!

お中元を遅れた場合の対処法もご紹介しますね。ここではお中元マナーやお中元に遅れた場合の対処法などについて、

・お中元の時期は各地で異なるもの?一括で同じ時期に送るのはマナー違反?

・被災地にお中元を送るのはNG?相手が喪中の時のマナー

・のしをつける意味とマナーは?種類の使い分けは?

・まとめ

の項目に分けてご紹介します。

スポンサードリンク

お中元の時期は各地で異なるもの?一括で同じ時期に送るのはマナー違反?

お中元の時期は「お盆をいつやるか」、つまりお盆の時期によって決まります。お中元はお盆の「前」に送らなければいけませんお盆を過ぎてからのお中元はマナー違反です。

日本ではお盆の時期は、2つに分かれます。

・7月15日に盆を行う地方:東北・関東・北陸地方

・8月15日に盆を行う地方:北海道・東海・関西・中国・四国・九州地方

 

どうして、お盆の時期が2つあるのかについての説明は、始めると長くなってしまうので割愛させていただきます。ヒントだけは書いておきますね。ヒントは「旧暦と新暦」です。

このように、お盆の時期が地域によって異なるため、お中元を送る時期もまた各地で異なります。基本的には、

・7月15日に盆を行う地方へは、盆前の7月15日までにお中元を送らなければいけません。

・8月15日に盆を行う地方へは、盆前の8月15日までにお中元を送らなければいけません。

 

この基本をふまえた上で、各地へのお中元を送る時期は以下の通りです。

・北海道:7月下旬~8月15日

・関東、東北、北陸:7月1日~7月15日

・関西、中国、四国:7月15日~8月15日

・九州:8月1日~8月15日

 

お中元は遅れるのは絶対NG!反対に早く送る分には、失礼にはなりません8月にお盆を行う地方へのお中元を7月に送るのはOKです

お中元を一括で送りたいときには、7月15日を目安に、できれば少し早い13日14日あたりに相手に届くように送りましょう。7月にお盆を行う地域でも、8月にお盆を行う地域でも7月15日はお中元の送る時期に含まれます。とはいえ、7月にお盆を行う地域では、7月15日はギリギリな印象になってしまうので、安全をとって14日に届くのがベストです。

1

http://www.irasutoya.com/2013/02/blog-post_22.html

 

被災地にお中元を送るのはNG?相手が喪中の時のマナー

被災地にお中元を送ってもよいです。ただ、相手の迷惑にならないよう気を付ける必要はあります。

  • 配達網が復旧したのを確認してから送る。
  • 相手が避難場所にいる場合には、とりあえずは様子を見る。避難先には送らない。
  • 相手が自宅にいないことがあります。相手の所在を確認してから送りましょう。
  • 生鮮食品は送らない。電気やガスの復旧がまだのときには、冷蔵や冷凍食品、すぐに食べなければならない生鮮食品は送らないようにしましょう。
  • 普段よりも配達に時間がかかることがあります。生鮮食品や傷みやすいものは送らないようにしましょう。
  • 相手と連絡がつく場合には、必要なもの・ほしいものをあらかじめ聞いておくのがおすすめです。ただ、乾電池や水が欲しいなどお中元にはふさわしくないものがほしいと言われたときには、それをお中元としては送らないようにしましょう。救援物資は救援物資として送り、お中元はまた別に送ります。

被災地にお中元を送るときには、相手の状況はもちろん、被災地の状況をよく調べてから送ってもよいかどうか、送るタイミングなどを判断してください。

 

スポンサードリンク

 

 

次に相手が喪中の時のマナーについてお話します。

お中元は日頃の感謝の気持ちを伝えるものですから、相手が喪中であることとお中元は全く関係ありません。なので、相手が喪中であってもお中元は送ります。ただ、四十九日までは色々とやらなければいけないことがあり、相手にはお中元を考える余裕がないでしょう。忙しい中、お中元返しの手間をかけさせるのは悪いですよね。相手がまだ四十九日を終えていないときには、四十九日を過ぎてから「暑中お見舞い」や「残暑お見舞い」として送るのがおすすめです。

2

http://www.irasutoya.com/2014/10/blog-post_390.html

 

のしをつける意味とマナーは?種類の使い分けは?

お中元にはのしをつけますが、魚や肉などを送るときにはつけません。また、水引きは紅白の蝶結びです。

お中元を持参して手渡しするときは外のし、宅急便で送るときには内のしにします。このあたりは、お中元を購入したデパートやお店がきちんとしてくれるでしょうから、マナー違反を心配しなくても大丈夫です。ただし、のし書きには注意が必要です。

まず、お中元の場合。のし書きは「お中元」もしくは「御中元」とします。水引きの下にはあなた(送り主)の名字を書きます。

お中元のお返しの場合、のし書きは「お礼」もしくは「御礼」とします。

上記のお中元の時期から遅れてお中元を送る場合には、お中元ではなく「暑中見舞い」や「残暑見舞い」として送ります。のし書きは次の通りです。

  • お盆過ぎ~立秋前:目上の方には「暑中御伺」、目下には「暑中御見舞」
  • 立秋過ぎ:目上の方には「残暑御伺」、目下には「残暑御見舞」

上記の通り、お盆の時期は地域によって違うのでご注意ください。

3

http://www.irasutoya.com/2013/07/blog-post_724.html

 

まとめ

以上が、お中元マナーやお中元に遅れた場合の対処法などについてでした。お盆の時期・御中元を送る時期は地域によって異なるので注意しましょう。特に、関西から関東へ、というように8月にお盆を行う地域から7月にお盆を行う地域にお中元を送るときには、お中元を送るのが遅れてしまいがちです。

最近では、デパートのお中元商戦が早まっていることから、早め早めに送るようになっています。お中元の時期を逃してしまうのが心配な方は、7月に入ったらすぐに送ってしまいましょう。もしお中元が遅れてしまったときには、上記のようにのし書きを変えてください。

 

スポンサードリンク