この記事の所要時間: 444

お中元の時期になりました。お世話になっている方や親戚にお中元を発送して「やれやれ」と思ったら、思いがけない方からのお中元が届き困惑したという経験はありませんか?

あなたは先方にお中元の品を送っていないし、お返しをしようとマナー本を読むと「お中元にはお返しは不要」なんて書いてあるし、だからといってもらいっぱなしというのはどうなの?……頭の中は「?」マークでいっぱいになってしまいますよね。

ここでは、お中元のお返しについて、

  • 毎年お返しを考えるのが大変なお中元。どこからどこまでお返しに対応するのがマナーなのでしょうか?
  • お中元にお返ししない時は礼状のみでもいいの?
  • まとめ

の項目に分けてご紹介します。お中元のお返しをするべきかどうか悩んだときの参考にしてください。

スポンサードリンク

 

毎年お返しを考えるのが大変なお中元。どこからどこまでお返しに対応するのがマナーなのでしょうか?

基本的に、お中元のお返しは「不要」とされています。なので、あなたがお中元を送っていない方から思いがけずお中元が届いたからといって、必ずしもお返しの品を送らなければいけないというわけではありません。

あなたが不要だと思えば、送らなくてもよいです。とはいえ、もらいっぱなしというのは気になりますよね。お返しの要不要の基準について、下に一例を挙げます。参考にしてください。

家族

家族で話し合いましょう。お中元が届いたら、とりあえずはお礼の電話をしてみてください。

身内、親戚

親戚づきあいのやり方は家ごとに違います。その家のやり方に従いましょう。例えば、配偶者の実家(義両親)からお中元が届いた場合には、配偶者の判断に任せましょう。とはいえ、姑舅の「気を遣わないでね」「お返しなんていらないわよ」の言葉を真に受けると痛い目にあいます。気を付けてくださいね。

嫁・婿の株を暴落させないためには、最初の年はとりあえずお返しを送り相手の反応を見るのが得策です。

会社の部下

お返しは不要です。部下だけど相手の方が年上・先輩など特別な事情があるときには、お返しを考えてください。

会社の取引先

お勤めの会社の社内規定に従いましょう。社内規定でお中元を受け取ってはいけないと規定されているときには、お中元の品を相手にお返しするか、いただいた品と同額のお返しをしましょう。

お中元を受け取ってよいとされている会社でも常識を超えた金額の品が取引先から届いた場合には、上司に相談した方がよいです。

昔お世話した人(部下、生徒、後輩など)

お返しは不要です。

こんな感じで、お返しの要不要の基準を決めるとよいです。お中元は一度送ったりお返しをしたりのやりとりを始め
ると、翌年以降もそのやりとりが続くことが多いです。

あなたが相手とのお中元のやりとりをやめたいと思って、それはなかなか難しいこと、「お中元を送るな」とはなかなか言えませんからね。なので、思いがけない方からお中元をもらったときにには、「来年以降もこの人とお中元お歳暮のやりとりを続けたいのか」を基準にお返しをするかどうかを決めるのも一つのやり方です。

お中元のやりとりをしたくない相手にはお礼状で感謝の気持ちを伝えましょう。

1

http://www.irasutoya.com/2013/07/blog-post_724.html

 

お中元にお返ししない時は礼状のみでもいいの?

お中元が届いたら、まずは相手にお礼の電話をしますお返しをしないときには、お礼の電話に加えて、便箋やハガキのお礼状も送りましょう。感謝の気持ちを相手にきちんと伝えるためです。便箋やハガキは、面倒くさがらずに手書きで書いてくださいね。そのうえで、お中元のお返しは不要といってもやはりもらいっぱなしは気になりますよね。

たとえば、「○○に旅行に行ったのでお土産をどうぞ」や「お誕生日プレゼント」などのように、お中元やお中元のお返しとは別の名目で、相手に何らかの贈り物をするのがおすすめです。こうすると、お返しもでき、さらに来年以降お中元のやりとりが続くことも避けることができます。

 

 

スポンサードリンク

 

お土産やプレゼントでお返しをするときは、いただいたお中元の同額、あるいは相手との付き合い・人間関係に応じて3分の1~2分の1程度の金額で贈り物を用意しましょう。贈り物に「お中元ではすてきなものをいただきました」など一言添えておくと、相手はお中元のお返しだと気づきます。

2

http://www.irasutoya.com/2015/05/blog-post_527.html

 

まとめ

以上が、お中元のお返しの要不要やお返しをする範囲などについてでした。上記の通り、思いがけない方からお中元をいただいたときは、相手との関係や付き合い方を考慮してお返しをすべきかどうかを決めてください。気がおけない相手、気を遣わなくてもよい相手であれば、お中元のお返しをする必要はないでしょう。

お中元の時期を過ぎてから、お土産や誕生日プレゼントなどの名目で何らかのお返しをするのがおすすめです。また、相手にお礼の電話をすると、相手から「気を遣わないでください」と釘を刺されてしまうことがあります。お返しをするつもりだったのに、先手を打たれるとお返しを送りにくいですよね。

お返しをするときには、お返しの品を発送してからお礼の電話をするのがおすすめです。電話口でお中元を送ったと嘘をついてもよいですよ。その場合は、のし書きは「御礼」ではなく「お中元」と書いてくださいね。

 

スポンサードリンク