この記事の所要時間: 448

長崎精霊流しといえば、有名な歌がありますよね。さだまさしさんの「精霊流し」です。物寂しげなメロディー、さらに歌に登場する精霊船が死者を弔うためのものだと聞いたら……夜の闇の中をひっそりと精霊船を曳いていく光景が頭に浮かびませんか?

私がまさにそれで、さだまさしさんには騙されました(さだまさしさんには騙すつもりはなかったと思いますが。歌詞もきちんと読むと、ちゃんと書いてありますしね)。精霊流しは闇夜の中、精霊船を静かに曳いていくわけではなく、爆竹が鳴る喧騒の中で行われるみたいです。

そんな長崎精霊流し、今では毎年約19万人が訪れ、長崎の夏を代表する行事となっています。一度は訪れてみたいという方も多いのでは?長崎精霊流しの意味や日程について、

  • 長崎精霊流しの歴史は?精霊流しをする意味って?
  • 2016年長崎精霊流しの日程は?開始時間は何時から?
  • 当日の交通規制情報は?バスや電車で変える際の回避ルートは?
  • まとめ

の項目に分けてご紹介します。

スポンサードリンク

 

長崎精霊流しの歴史は?精霊流しをする意味って?

長崎精霊流しは、お盆行事です。お盆行事として、ご先祖様の魂をお迎えする「迎え火」とお盆の終わりにご先祖様を再び極楽にお送りする「送り火」を行う地域は多いでしょう。長崎精霊流しは、「送り火」にあたる行事です。なので、長崎精霊流しはお祭りではありません。初盆を迎える遺族が故人の霊を弔い極楽浄土へ送り出すための行事なのです。

長崎精霊流しでは遺族が「精霊船」を造ります。精霊流し当日は、爆竹や鉦の音、掛け声などの喧騒の中、その船を曳きながら街中を練り歩きます。

江戸時代の頃は実際に、竹や麦藁で作った船を長崎港まで担ぎ、そこから灯を灯して海に流していました。夜の海、精霊船の灯りが浮かぶ光景はとても幻想的だったそうです。しかし、現在は環境への影響を考慮して、海に精霊船を流すことはなくなりました。

1

 

http://urx.mobi/tQSa

 

2016年長崎精霊流しの日程は?開始時間は何時から?

長崎精霊流しは毎年8月15日に行われます。2016年長崎精霊流しは8月15日(月)です。場所は、長崎市市内中心部、メインストリートは思案橋~県庁坂~大波止です。

長崎精霊流しは祭りではありませんから、開始時間というものは明確には決まっていません。あくまでも個人が行う盆行事なのですね。家によっては流し場まで遠い場合は早い時刻から船を曳き始めますが、大体17:00頃から始まり23:00頃に終了します。

精霊船の数は年によって異なりますが、長崎精霊流しでは大体1500隻の精霊船が市内を練り歩きます。

 

スポンサードリンク

 

 

長崎精霊流しのおすすめ観覧スポットも紹介しておきますね。

  • 長崎県庁前:定番スポットです。

長崎市 精霊流し

 

 

  • 浜の町アーケード前:穴場スポットです。沿道に座って精霊船を見ることができます。混雑が苦手な方はこちらがおすすめです。

 

当日の交通規制情報は?バスや電車で変える際の回避ルートは?

長崎精霊流し当日は交通規制が敷かれます。それもかなり広いエリア(長崎駅~大波止~出島、県庁前、中央橋~思案橋付近)が交通規制の区域に指定されます。交通規制の区域内には車両通行止めの箇所もあるので、自家用車の方は特に注意してください。

交通規制は精霊流し当日(8月15日)、18:00頃から順次開始されます。長崎精霊流しの交通規制では車両が通行止めになるだけでなく、路線バスや路面電車も路線変更や運休などの措置がとられます。

  • 規制区間内を走る路線バス:16:00頃から最終便まで運休
  • 路面電車(市電):17:00から築町~正覚寺下、西浜町~正覚寺下の区間で運休。精霊船の進行に合わせて、順次運行は再開されます。なので、精霊流しを最後まで見る方は帰りの市電の心配をする必要はありません。ちなみに、市内では路面電車がメインの交通手段になります。

つまり、長崎精霊流し当日は交通規制が始まったら、徒歩以外の移動手段はほぼなくなるということです。もちろん、交通規制区域内では、駐車場からの出庫もできません。

交通規制が解除され始めるのは21:00頃ですが、なんだかんだで23:00頃まで交通規制の影響があります。長崎精霊流しの交通規制の詳細については、こちらでご確認ください。

長崎観光ポータルサイト:http://www.nagasaki-tabinet.com/event/51798/

 

ということで、長崎精霊流しに自家用車で行くのはおすすめできません。長崎駅から精霊流しのメインストリートまでは徒歩で行くことができます。できるだけ公共交通機関をご利用ください。

どうして自家用車で長崎精霊流しに行きたい方、交通規制と渋滞混雑を避けるのにおすすめの駐車場はこちらです。

  • 浦上駅立体駐車場:収容台数198台、駐車料金800円。精霊船のルートから離れているため、混雑に巻き込まれません。収容台数が多いのも〇。さらに、この駐車場は24時間利用できるので、万が一、交通規制や渋滞の影響で駐車場からなかなか出られなくなったときも安心です。

 

2

 

http://www.irasutoya.com/2013/08/blog-post_11.html

 

まとめ

以上が、長崎精霊流しの意味や2016年の日程などについてでした。長崎精霊流しはお祭りではありません。見に行くときには、地元の方や遺族の方の邪魔にならないように気を付けてくださいね。

上記の通り、長崎精霊流し当日はかなりの混雑が予想されます。できるだけ公共交通機関を利用してください。また、精霊流しの際の爆竹の音はかなり大きいです。爆竹の音や大きな音に慣れていない方、耳栓を持っていくのがおすすめです。

 

 

スポンサードリンク