この記事の所要時間: 439

宮城県仙台市で毎年の恒例行事として行われている、「仙台七夕まつり」。訪れた経験がない人でも、一度はこのお祭りの名前は聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。仙台七夕まつりは、古くは伊達政宗公の時代から続く伝統行事として受け継がれ、今日では日本古来の星祭りの優雅さと、飾りの豪華さが融合したお祭りとして全国でも非常に有名なお祭りの一つとなっています。

青森ねぶた祭り、秋田竿燈まつりと並んで、東北の三大祭りとしても有名ですね。七夕まつりは本来、旧暦7月7日の行事として全国各地に広まっていましたが、仙台七夕まつりではその季節感に合わせるため、新暦に1か月を足した暦である中歴を用いて、現在の8月6日から8日に毎年開催されています。

スポンサードリンク

仙台七夕まつりのアクセス方法は?駐車場は?

 

1

宮城県仙台市は、東北地方の中での最大都市であり、比較的アクセスのしやすい土地ではないでしょうか。電車や新幹線を利用する方、また、自動車で現地まで行く方、様々いらっしゃるかと思います。

実際に、全国的にも有名なお祭りであるため、七夕まつり開催期間中は、仙台市内の道路は大変混雑します。ですので、現地に慣れていない観光客の方々は特に公共交通機関を利用して現地に向かう方が良いかもしれません。開催地の宮城県仙台市では、仙台駅を中心としてJR仙台線や地下鉄が通っています。

また、遠方からお越しの際にも、新幹線も通っているので、非常に便利な立地です。例えば、東京駅から仙台駅まで向かうとすると、JR新幹線はやぶさなら1時間32分、JR新幹線やまびこなら2時間1分で、乗り換えなしの直通で到着することができます。もちろん、自動車で来た方たちのために駐車場も仙台市中心部に用意されています。

場所によって収容台数は少し変わってきますが、昨年は66か所の駐車場が用意され、半分ほどの駐車場がおおむね100台以上の収容台数であったようです。

花火の打ち上げ場所はどこ?穴場鑑賞スポットはどこ?

2

仙台七夕まつりでは、前夜祭として花火が打ち上げられます。その名も、仙台七夕花火まつり。花火の打ち上げ数もかなり多く、東北地方の中でもかなり人気の花火大会となっていて、宮城県内や東北地方からだけではなく、この花火を見るために他県からもたくさんの観光客が訪れるそうです。七夕まつりの前夜祭といえど、十分メインイベントになるイベントとして定着しているようですね。

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

花火の打ち上げ場所は東海大学・川内南キャンパスで行われるようです。1時間半の間に1万6000発もの花火が打ちあがるのは圧巻ですね。全国的にも人気で、きっと想像以上にたくさんの観光客が花火を見るために押し寄せるでしょう。花火よりも観光客の方が多いなんて状況もありますね。せっかく見るなら、穴場なスポットで花火を堪能したいですよね。そこで、仙台七夕花火まつりを楽しむための、花火穴場鑑賞スポットを紹介します。

仙台市青葉区川内追廻の河原周辺

あまり混雑せず、かつ、花火を一望できる場所なので、花火をゆったり見たい方におすすめのスポットです。カップルや夫婦で2人の時間を花火を見ながらゆったりと過ごしたい方、子ども連れや高齢者の方もいて人混みの中で花火を見るのは少し厳しいご家族の方々、1人でひっそりと花火を楽しみたい方…様々な人にとっての穴場鑑賞スポットになっています。ぜひ、こちらで花火をゆったり鑑賞されてみてはいかがでしょうか。

 

場所取りは何時から並べば良い?コツや方法は?

3

仙台七夕花火まつりの観客数見込みは例年50万人近いです。と言うことは、花火を見るためには場所取りは必須となってきますね。一番優雅に、ゆったりと場所取りなどを気にせず花火を間近で鑑賞できるのは、優良観覧席となりますね。

参考までに、2~3人席が12000円、4人席が35000円、1人席は3000円となっているようです。こちらは例年7月1日からセブンイレブン店頭チケット購入端末か、プレイガイド仙台なびっくによって買うことができるようです。せっかく来たからにはお金をかけてでも、ゆったりと花火を楽しみたいという方にはこちらの優良観覧席がおすすめです。

場所取りの目安の時間は、正直なところ、早く行くに越したことはないというのが全員の共通意識かもしれません。当日は仙台市内の道路が交通規制がかかるので、そちらにも注意が必要です。上で紹介したような穴場鑑賞スポットであれば、ほとんど場所取りの待ち時間をとらずに鑑賞できるので、やはり穴場スポットでの鑑賞が大きなカギになるかもしれません。

穴場をたくさん知るのはやはり地元の方々。お祭り自体の開催は夜からですが、前日や当日の朝や昼にも仙台市内を観光し、タクシーの運転手さんや地元の飲食店の方など、地元の方と話せる機会をもって情報を教えてもらうのも手かもしれません。

 

花火が見えるホテルは?

4

この祭りに近く泊まれるホテルをいくつか紹介します。楽天トラベル(kw.travel.rakuten.co.jp)からの出典ですので、詳しくはサイトを参照してください。

  • スーパーホテルInn仙台・国分町
  • リッチモンドホテルプレミア仙台駅前
  • リッチモンドホテル仙台
  • ホテルグランテラス仙台国分町
  • ウェスティンホテル仙台
  • 天然温泉 青葉の湯 ドーミーイン仙台ANNEX

 

まとめ

仙台七夕まつりについて、少し興味を持っていただけたでしょうか。夏の風物詩である七夕と花火を同時に楽しめる、とても伝統のある行事だと思います。ぜひ、友人と、恋人と、家族と、仙台市で素敵なひとときを過ごしてみませんか。

スポンサードリンク